java silver 申し込み 何日前?9割が実践する受験料 安くする方法

今回は、java silverというエンジニアスキルについて解説していきます。

java silverを受験しようと思ってるあなたは、

「java silver 試験概要は?」「java silver 受験料 って安くできる?」「java silver 申し込み って何日前 にした方が良い?」「2022年java silver 試験当日」

って思ってると思うので解説していきます。


java silverとは?

java silverとは?
Java Silverとはオラクル公認のJavaの技術レベル認定資格です。

現在Javaの権利を持っているオラクルの資格であるため、その信頼性は極めて高いです。

中級者向けの「Java Silver」に加え、入門者向けの「Java Bronze」、上級者向けの「Java Gold」があり、それぞれ「Java Silver」「Java Bronze」「Java Gold」「Java Gold」の3つの認定資格で構成されています。

 

「Java Silver」は、Javaアプリケーションの開発に必要な基本的な知識をすべて網羅しており、さまざまな開発プロジェクトで発生するコーディング上の問題にも対応できる能力を身につけることができる資格です。

 

Java Silver」「Java Bronze」「Java Gold」の各認定資格は、Javaのバージョンアップに伴い改訂されます。最新の認定試験は2019年6月からの「Java SE 11」向けで、正式名称は以下の通りです。

正式名称
  • Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 11 認定資格
  • Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 11 認定資格
  • Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 認定資格

その名の通り、”Bronze” → “Silver” → “Gold “と難易度が劇的に上がります。

 

したがって、未経験者が最も簡単な “Bronze “から受験するのは得策ではありません。

 

“Bronze “は、日本が独自に作った「超初心者向け」の新しい資格なので、技能認定としては役に立ちません。

 

海外では、”Bronze “というランクは存在しないのです。

SilverとGoldはグローバルな資格で、日本で取得した資格は海外でも通用する。これは同社が実施するOracle Masterと同じ考え方である。

一方、Bronzeは日本独自の資格だ。そのため、Bronzeを取得しても、上位資格のように海外で認められるわけではない。

引用:Java資格が大幅リニューアル。Bronze/Silver/Goldが登場 – @IT

あなたが新卒の若手であれば、IT業界への就職のために「Bronze」合格を目指せば、企業からは好意的に思われるかもしれません。

 

しかし、中途採用や異業種からの転職の場合、次のような場合は相手にされないでしょう。

 

また「Bronze」と「Silver」は試験範囲の大半が共通で、ほぼ同じ内容の試験が出ます。

 

「Silver」の方がすこし難しいが…

基本を抑えていれば理解が追いつくレベル。「Bronze」→「Silver」で格段に難易度が上がりません。

「Silver」は最高ランクの「Gold」を取得するための前提条件です。

将来、「Gold」試験に合格したいなら、「Silver」試験は避けては通れません。

したがって、「Bronze」をスキップして「Silver」を取得すると、メリットが大きくなります。

しっかり勉強すれば十分受かるし、特に理由がなければ「Java Silver」の勉強するほうがおすすめです。

関連記事:javaに特化したプログラミング スクールおすすめ厳選5選!

java silver 試験概要

Java Silverの試験の受講料や合格ラインなど、試験の概要について、まとめましたので確認しておきましょう。

受付期間随時受付
試験日随時実施
会場全国のピアソンVUE社テストセンター、所属企業・団体指定の会場、オンライン
申込オラクルの公式ページから受験チケットを購入する
試験時間180分
出題範囲・Javaテクノロジと開発環境についての理解
・Javaの基本データ型と文字列の操作・配列の操作・メソッドの作成と使用・継承による実装の再利用・例外処理・簡単なJavaプログラムの作成・演算子と制御構造・クラスの宣言とインスタンスの使用・カプセル化の適用・インタフェースによる抽象化・モジュール・システム
出題方法選択式の問題が80問
受験料32,340円(税込)
合格ライン正解率63%以上

上記をより詳細にまとめると

  • 試験名:Java SE 11 Programmer I
  • 試験番号:1Z0-815-JPN
  • 試験時間:180分
  • 問題数:80問
  • 出題形式:選択問題 (CBT方式)
  • 合格ライン:63%
  • 受験料:32,340円 (税込) ※2020年12月1日 以降
  • 試験会場:ピアソンVUE テストセンター (会場一覧)
  • 試験日:会場による

参考:Java SE 11 Programmer I | Oracle University

まず注目すべきは、試験の名称です。

 

「Java Silver」資格の名称は「Java SE 11 Programmer I」です。

 

後ほど説明しますが、受験申し込み時に上記を知らないと、ちょっと戸惑うことになります。

 

「資格名」と自分が受験する「試験名」が一致しない!?

 

また試験は筆記ではなく、コンピュータによる多肢選択式であることを覚えておくことが大切です。

 

合格ラインは63%と、なかなかのもの。

 

80問中51問以上正解できれば、合格です。

 

試験時間は180分と長いと感じるかもしれませんが、試験問題は80問。

 

1問あたり2分半程度で解く計算になるので、意外と時間がありません。

 

しっかり準備することをおすすめします。

 

次に注意すべきは、受験料が高いことです。

 

ただし、後ほど説明しますが、受験料を少し安くする方法があります。

 

さらに、試験名の後にある「SE 〇〇(数字)」は、Javaのバージョンを表しています。

 

ここで紹介する「Java Silver SE 11」は現時点での最新試験です。

 

基本的には、最新版の試験を受験すれば問題ありません。

 

他に「Java Silver SE 8」という試験もありますが、こちらは古いバージョンになります。

 

「Java Silver SE 11」とは、試験範囲や期間が若干異なります。

国家 資格 何 個も対応してる合格率高い通信講座

java silver 受験料って 安くできる?

java silver 受験料 安くできる?
「java silver 受験料 って安くできない!?」って思っていませんか?

受験料高いから…

実は、微妙に受験料を安くする方法があります!

 

それはオンライン受験票を購入することで、受験料を下げることができます。

 

この方法では、オンラインコードを入力し、受験料を前払いすることができます。

オンラインコード
この受験チケット…一部のネット通販サイトではたまに格安で販売されています。

例えば、楽天市場「IT試験ドットコム」での販売価格は 30,180円。

通常価格より2000円も安く楽天ポイントも貯まる!


また、楽天カードに入会してない人がこの機会に入会し購入すると4,000円も安く購入できます!

※楽天チケットの場合、時期によっては特典もあります。

 

チケットには様々な種類がありますが、「Java Silver」受験者は「Oracle認定資格 監督付き試験用」チケットを購入しましょう。
※間違っても他のチケットを購入しないようにお願いします。
また、受験チケットは発行から6ヶ月間しか有効ではありません。
有効期限が切れる前に申し込みを完了させてください。

 

関連記事:なぜ35歳の80%がこのプログラミングスクールに通うのか?

java silver 申し込み 何日前 にしたほうがいい?

java silver 申し込み

Java Silver」試験は、日本全国にあるテストセンターで、専用のコンピュータを使って受験します。

 

試験日は特に決まっておらず、受験者が希望する日に受験することができます。

 

そのため、受験希望日の約1~2ヶ月前に予約することをおすすめします。

 

受験の申し込みは、「ピアソンVUE」を通じて行います。

 

認定はオラクル社が行いますが、試験の運営は別会社が行っています。

 

しかし、現在はシステムが改善され、オラクルの管理サイト「CertView」から全ての手続きを行うことができます。

 

以下、アカウント登録から試験予約までの流れを説明します。

「Oracle.com のアカウント作成

CertView を初めて利用する受験者は、まず「Oracle.com」アカウントを登録します。

 

詳しくは公式ヘルプをご参照の上、確認してください。

「CertView」にログイン

ログイン
アカウント登録が終わったら、資格管理サイト「CertView」にログインします。

CertView Public Pageにある「CertViewへのログイン」をクリックする。
※画面右上にあるタブで言語選択できます。
テキストが英語になってる場合、日本語に変えましょう。

テキストが英語

CertViewのログイン画面はこのような感じです。

 

先ほど登録した「Oracle.comアカウント」のユーザー名とパスワードを入力します。

 

初回ログイン時、メイン画面に “ピアソンVUEのアカウントをお持ちですか?” というポップアップが表示されます。

 

基本的には、”いいえ “を選択すれば問題ありません。

 

ただし、過去にピアソンVUEで試験を予約したことがある場合は、別途アカウントの紐付けが必要です。

 

詳しくは公式ヘルプをご参照の上、確認してください。

「CertView」から「ピアソンVUE」に移動

「ピアソンVUE」に移動
「CertView」のログインに成功したら、メイン画面左にあるメニューから「ピアソンVUE公式サイト」を選択すると試験予約サイト「ピアソンVUE」に移動できます。

「ピアソンVUE」ダッシュボード (メイン画面) 。

試験申し込みなど、このサイト上で行うことになります。

※画面左のメニューバーから言語選択ができる。サイトが英語表示になっている場合は、日本語を選択しましょう

「ピアソンVUE」で試験を予約する

試験の予約をするには、ダッシュボードの「試験を表示」をクリックする。

試験の検索ページ

 

ピアソンVUEは、幅広い種類のテストを提供しています。

 

受験したいテストを探すには、まず「テストの検索」ページにアクセスする必要があります。

 

しかし、検索バーに「Java Silver」と入力しても、結果は出てきません。

 

これは、資格の名前とテストの名前が一致していないためです。

資格名とテスト名

“試験の検索 “ページで、”試験番号 “を入力してください。

 

“Java Silver SE 11 “の試験番号は、”1Z0-815-JPN “です。

 

試験番号の末尾にある “JPN “は、日本語の試験であることを意味していますので、ご注意ください。

 

なお、英語試験もありますが、こちらは認定対象外です。

 

そのため、間違えて英語の試験を受験しないようにご注意ください。

 

試験番号の末尾に「JPN」と表示されている場合は、問題ありません。

 

「試験オプションの選択」では、受験方法を選択することができます。

 

特に理由がなければ、「ローカルテストセンター」でOKです。

 

ユーザーの登録住所をもとに、付近のテストセンターを自動的に選んでくれます。

ローカルテストセンター

最後に予約内容を確認し、受験料を支払います。

 

ここで、先ほど紹介した「オンライン受験チケット」が使えます。

 

専用の記入欄があるので、そこにオンラインコードを入力したら予約手続きが完了。

関連記事:システムアーキテクトになるには?システムアーキテクト試験勉強法とは?

2022年java silver 試験日当日

java silver 試験日当日

試験当日は、余裕を持って会場に行きましょう。

 

道に迷わないよう、事前に経路を確認しておくことをおすすめします。

 

本人確認のため、身分証明書を 2 枚ご持参ください。

 

ピアソンVUEのヘルプページで確認し、どれか2つを忘れずにお持ちください。

 

筆記用具は必要ありません。

 

会場に到着したら、荷物は個人ロッカーに預けてください。

 

スマホや貴重品、勉強道具は没収されますので、会場に入ると勉強ができなくなります。

 

大きな荷物はロッカーに入りませんので、なるべく荷物は少ないほうがよいでしょう。

 

試験開始前に、監督者の指示でいくつか手続きを行います。

会場での手続き

  • 身分証明書の提出・本人確認
  • テスト受験同意書の署名
  • 顔写真の撮影

試験開始時にコンピュータのある各自の席に案内されます。

 

メモ用のホワイトボードとペンが渡されます。

 

その後、監督者からパソコンの操作方法について指示があり、試験を開始します。

 

試験時間は180分とたっぷりあり、合格ラインも厳しくないので、いつものように落ち着いて解答していれば大丈夫です。



まとめ

今回は、java silverというエンジニアスキルについて解説しました。

「java silver」の受験を検討されている方は、この記事が参考になるかと思います。

 

受験料はかなり高額ですが、難易度はそれほど高くありません。

 

うまくいけば、一発で合格できるかもしれませんよ。

関連記事

ITパスポート試験とは?ITパスポート取得の前に抑えておきたい5つの事!!

基本情報技術者試験(FE)っていつ?気になる合格率と取得メリットとは?

応用情報技術者試験とは?資格取得の為に抑えておきたい4つのポイント!!