消防設備士 資格とは?取得難易度と気になる仕事内容

消防設備士 資格とは?取得難易度と気になる仕事内容




消防設備士の資格は、消防設備の点検、整備、工事を行う際に必要な資格です。

消防設備士の免状には甲種1〜5類、甲種特類、乙種1〜7類の合わせて13種類あり、それぞれ扱える消防設備と業務範囲が異なります。

まずは消防設備士の仕事内容や、資格の種類について解説します。

「今、プログラミングスキルが激アツって知ってますか?」


消防設備士とは?

消防設備士とは、消防用設備などの点検、また整備や工事を行うことができる専門の資格を持った人のことです。

消防設備士が扱う消防用設備は火災報知設備や消火器などの家庭にも身近なものから、泡消火設備、

スプリンクラー設備など多岐に渡り、取得している資格の種類によって扱える消防用設備の範囲が変わります。


消防設備士 資格難易度は?

甲種:★★★☆☆(普通)。
乙種:★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
甲種特類:25.8%
甲種1類:31.2%
甲種2類:34.7%
甲種3類:37.3%
甲種4類:37.4%
甲種5類:36.6%
乙種1類:31.7%
乙種2類:39.5%
乙種3類:35.7%
乙種4類:36.8%
乙種5類:40.6%
乙種6類:43.1%
乙種7類:59.0%ほど。



消防設備士 資格就職は?

消防設備の点検や整備などを行っている専門の会社

防災関係の会社に就職する方法もありますが、他にも多くの選択肢があります。

例えば、設備全般の点検や整備を行っている電気設備系の会社に就職したり、不動産会社に消防設備士枠で就職する等です。

なお、消防設備士の資格は、工場や倉庫などで活用されていますが、不動産会社等ではビル管理関係がメインになるなど

働く場所が少し変わってくる可能性はあります。


消防設備士資格取得の前にお伝えしたいこと

消防設備士
冒頭でも一言お伝えしましたが、今「手に職」を身につけるなら「プログラミングスクール」でプログラミングを学ぶのが激アツなんですけど知ってましたか?

確かに今の会社の為に消防設備士資格は必要かもしれません。

しかし、その資格取得しても今の世の中の情勢であなたは「定年まで安心して働ける」って思えますか?

例えば消防設備士資格取得して、いくらぐらい資格手当付きますか?

おそらく

  • 2000円
  • 4000円
  • 6000円
  • 10000円

くらいじゃないでしょうか?

消防設備士資格は、立派な国家資格ですが手当的に考えると

「なんだかなぁ…」

って思っていませんか?

ここ最近の傾向だと同じ「手に職」のスキルを身につけるなら「プログラミング」を学ぶ人が圧倒的に多いです。

ただ、プログラミングスクールは、受講料が高い!っていうデメリットがあります

しかし、「プログラミング」が身につくと、就職・転職に困る事ありませんし、収入面でも大きく変化します!

しかも、あなたの頑張り次第でプログラミングスクールの受講費用が高くても、スクール費用代は3ヶ月も働けば生活しながらでも返済できるくらい給料が貰える企業に就職・転職することも可能です。

また、プログラミングスクールには、

  • 「転職できなかったら全額返金保証」
  • 「98%の転職保障」
  • 「1%未満の離職率企業の斡旋」

など受講生が困らない制度を設けているところがたくさんあります!

今、あなたが消防設備士資格取得し月数千円の資格手当を貰いながら消費税や物価がドンドン上がり、生活がドンドン苦しくなっていく生活を送っていくのか、

今、プログラミングスクールは金銭的に厳しいけど、今より数十万給料が上がるスキルを身につける行動を選ぶのかはあなたの

「自由です」

ただ、「プログラミングスクールは高い!」ってイメージが付いている方が多いみたいですが、「受講料安くて保証が手厚い!」ってスクールも何校かあります。

このサイトに「受講料安くて保証が手厚い!プログラミングスクールランキング」が載っていたのでご紹介します!

※生活に不安を感じてる人はみんなプログラミング学び始めてます



消防設備士 資格まとめ

消防設備士の資格は、関連の業務に従事する場合はほぼ必須であり、今後の需要拡大も見込まれます。

ただし、従事できる業務の範囲が甲種か乙種か、また何類かで変わってきます。

従事する業界や仕事の内容に合わせて取得するようにすると良いでしょう。

なお消防設備士の資格取得に関しては、さまざまなスタイルでの勉強が可能で、無理のない範囲で資格取得を目指すことができます。