保育士試験主婦だから独学で合格したい!独学おすすめテキスト・過去問

主婦になってから保育士を
目指そうとしている方はたくさんいます。

 

ただ、
「できることなら独学で勉強したい」
って思いますよね。

 

いろいろ「保育士試験」について調べていくと
以下の点で悩んでいませんか?

主婦の悩みどころ
  • 独学する時間がなかなか取れない
  • 効率よく勉強する方法がわからない
  • 独学のテキストってどれがおすすめ?

今回は、上記の悩みを解決できる
記事を用意しました。

本記事でわかる事
  • 保育士試験独学のための時間確保術
  • 保育士試験独学効率重視勉強法
  • 保育士試験独学おすすめテキスト・過去問
  • 保育士試験最新独学学習アイテム4セット

上記の内容について解説していきます。


保育士試験独学のための時間確保術

保育士試験独学の時間確保術
主婦の毎日は、忙しいと思います。

 

ただ、24時間フルで動きっぱなしってことは
ありませんよね。

 

今回はいつもの日常から
「いかに勉強時間をうみだすか?」
を意識していただきないので

 

この時間って削れるよね!
ってポイントをご紹介します。

家事を効率よくする

家事全般を1人でする場合って
結構時間かかりますよね。

 

しかし、主婦にとってこの時間を
削る事ができたら、結構時間確保できると思います。

具体例

  • 家事を分担する
  • 料理を1週間分まとめて作る・惣菜で料理をしない日を作る
  • 時短家電を購入する

スグに実行できそうなのは、
「家事分担」
「料理を作り置き・作らない日を決める」

ぐらいですかね。

 

時短家電は、今ある家電が壊れた場合
検討してみてください。
アガルート やばい 評判なのに国家試験の合格率の高さの秘密とは?

スマホを触る時間を減らす。

勉強しようと思うときは
重要な連絡が来ないってわかってるときは
「スマホを触る時間を減らす」
ことが最近では時間確保に繋がります。

 

SNSや、YouTube、見始めると
気が付いたら時間ばかり経っていませんか?

勉強しようと思ってるときは
「スマホは触らない!」
って意識していくことが大切です。

保育士試験独学のための時間確保術まとめ

今回は、時間確保術を
「スグできる」ポイント
2点紹介させていただきました。

 

もっと細かく言えばあるでしょうが
上記2点のポイントを抑えるだけでも
1日2時間くらいは最低確保できると思います

保育士試験独学効率重視勉強法


主婦のあなたが独学で
保育士試験を受験するために
うみだした時間での勉強。

「効率よく勉強したい!」

 

って思いますよね!

 

そんなあなたが、
効率よく保育士試験に合格する方法は、
以下の2点を意識するだけです。

保育士試験独学で意識すること
  • インプット2割
  • アウトプット8割

試験に合格するために重要な勉強法は
「インプット2割」「アウトプット8割」です。

インプットとアウトプットとは

インプットは、テキスト、参考書など
ひたすら知識を詰め込んでいくことです。

 

アウトプットは、その知識で
問題集を解いていくやり方です。

 

ただ、主婦のあなたにお伝えしたいのは
「インプット2割」「アウトプット8割」
での学習です。

 

効率よく勉強したい」主婦のあなたに
おすすめできる保育士試験勉強法は

 

「アウトプットから。つまり、問題集を解くこと」

です。

保育士試験は、問題集と同じような
問題が5択で出ます。

なので、最初の4割程度
アウトプットメインで学習していきます

あなたがわからない
「保育士試験についての用語」
把握するためです。
4割程度の時間配分で
アウトプット勉強できたら
次はインプットになります。

保育士試験インプット勉強法

アウトプットから始めたあなたは
わからない
「保育士試験についての専門用語など」
把握できてますよね

その専門用語についての
「解答・解説」を暗記するレベルで
読み込みます。

 

「インプットの2割」が終われば
「後半のアウトプット4割」です。

 

最初にわからなかった箇所の
問題を解き、次の要点の問題を学習する。

「後半のアウトプット4割=復習2割+次の要点2割」
ってイメージで大丈夫です。

 

ただ復習の2割の問題を間違えちゃう場合は
必死に読んで覚えること!

 

問題集を見る(4割)わからないを把握→解答・解説を読む(2割)
復習(2割)+次の要点(わからないを把握:2割)を繰り返す!

 

上記の勉強方法が
アウトプット8割+インプット2割
になります。

 

「独学で学習」って人の間違ったスタイル
まず、テキストから読み込む人

 

この場合は、非常に効率が悪いです。

 

なぜなら、テキストを読み込むことで
「勉強した気分!」になってしまうからです。

 

多少は知識が身についてるかもですが
「読み込む」ってことは、結構、
頭では考えてない状態でもできてしまいます。

 

要は「ぼーっと見てるだけ!」ってことです。

 

そんな非効率な勉強法は時間がない人には
おすすめできないので、
「アウトプット8割+インプット2割」で
効率よく学習しましょう!

 

問題を意識的に把握してるので、
頭を使ってるから覚えやすいんです。

これを、各教科、徐々に、
無理の無い程度に、
毎日繰り返すのがポイントです。

独学にAmazon Kindle Unlimitedをおすすめする理由

Amazon Kindle Unlimited」はKindleを定額で読み放題できるサービスです。

料金は月額980円(税込み)で同時に10冊まで借りれます。

また、30日間は無料体験として利用できます。

Kindle端末を購入しなくとも専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでもKindle本を読めます。

Kindle Unlimited対象の本数は200万冊以上

手元に置いとかなくても良いかな…

けど、ちょっと気になるけど、買うのはもったいないって思った人におすすめです。


保育士試験独学おすすめテキスト・過去問

問題集を見る(4割)わからないを把握→解答・解説を読む(2割)
復習(2割)+次の要点(わからないを把握:2割)を繰り返す!
に適した問題集は以下になります。

created by Rinker
¥1,430 (2022/10/06 09:20:12時点 Amazon調べ-詳細)


どちらの本でも、一問一答式なら、
大丈夫ですがなるべく書店で確認してから
購入をおすすめします。

赤シートで保育士試験によく出る内容を、
一問一答形式で問題の答えや重要用語を隠しながら
効率よく学習できます

 

さすがに問題集だけじゃ
詳しい解説が載ってないかもしれません。

そこで、使う参考書のおすすめは以下になります。

フルカラーでイラスト、図表、グラフを
多用してイメージで記憶に残りやすく
なってます。

ここでの重要ポイント!

「女性は、右脳も男性より発達しているので
イメージが多いほど記憶に残りやすいんです!

 

購入する際は
2冊セットで購入がおすすめです。

 

さらにお金を節約したいあなたにおすすめ

独学だからこそ、さらに費用を抑えて
勉強したいあなたにおすすめの
テキスト・問題集は以下になります。

 

保育士試験本試験対策

保育士試験は、入学試験のような
「落とす試験」ではなく、
資格を取るための「受かる試験」です!

予想問題や、過去問からよく出題される部分を
たくさん問題として載せているこの本もおすすめです。

試験の形式の問題に慣れておけば、
いざというときに役に立ちます。



保育士試験最新独学学習アイテム2セット

保育士試験最新独学学習アイテム2セット

結果を出したいのであれば、
まずはこれだけを揃えればいいんです。

ぶっちゃけこの学習法はインプットとアウトプットの
いいとこ取りって感じです。

独学での資格の勉強の必勝パターンって
いっても過言ではありません。

前項で紹介した紙テキストで勉強する場合って
デメリット多くないですか?

私は毎日通勤時間が長いので紙テキストだと重くて…、
いかに「スキマ時間」を有効活用するか考えました!

私と同じように通勤時間が長い人に
おすすめの学習アイテムは以下の4つです!

上記2点をおすすめする理由が、やっぱり
「スキマ時間」がたくさん使える点です!

  • 通勤時間座れたらスマホで学習
  • たって通勤ならスマホ×Audibleで耳からインプット学習
  • 自宅で風呂に浸かりながらリラックスしてスマホ×Kindle Unlimitedでアウトプット中心の学習

この上記の2点セットの最大のメリットは、

「どんな資格取得の独学に使える」

って事です!

最初に上記2点を手に入れてれば、
独学で勉強するのにこんなに
効率がいい勉強法ってあるでしょうか?

通勤に2時間かかっていたら、
往復で4時間かかります!

紙テキスト手に持って
4時間学習って疲れませんか?

また、通勤でストレスを感じてるのに、
手に持って学習って疲れませんか?

 

そんな状態だと家に帰っても
「バタンキュー!」って寝ちゃって
資格勉強なんてできませんよね…

私は、この方法で
色んな資格の勉強対策をしています!

さっそくおうちに帰って
リラックスしながら勉強法を実践してみましょう。