システムアーキテクトになるには?システムアーキテクト試験勉強法とは?

システムアーキテクトについて、またこの資格の仕事内容、将来性、合格率、おすすめテキスト、参考書や問題集などを解説していきます。

本記事でわかる事
  • システムアーキテクトとは?
  • システムアーキテクトの仕事内容
  • システムアーキテクトの将来性
  • システムアーキテクトになるには?
  • システムアーキテクト試験合格率
  • システムアーキテクト試験おすすめ勉強法

上記の内容について解説していきます。


システムアーキテクトとは?

システムアーキテクトとは?
システムアーキテクトとは、システム開発における設計や分析などの上流工程を担当する上級エンジニアのことです。

プロジェクトの主導者として、他の技術者や顧客と共に進めていくため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力なども求められます。

また、『システムアーキテクト試験』という試験があるくらいに重要なポジションです。

そのため、プログラマーやエンジニアからのキャリアアップとして、資格取得を目指す方も大勢います。

システムアーキテクトの仕事内容


システム開発の上流工程を主導するシステムアーキテクトは、具体的にどのような仕事を行うのか大きく3つにわけて解説していきます。

システムの企画・要件定義

企業が社内システムの開発や経営戦略上必要なソフトウェアの導入を検討する場合、まずは用途や期待する効果を明確にすることから始めます。

そして、そのような企画・構想からシステムアーキテクトが活躍することになります。

企画の初期段階では、クライアントの情報システム部門だけでなく、実際のユーザーである事業部門がシステムによってどのようなことを実現したいのか、またプロジェクトオーナーや経営陣がどのような課題を解決したいのかといった点を理解するための打ち合わせを行います。

また、システムアーキテクトは、要件定義の段階からチームに参加することもあります。

システムが実現する具体的な機能や満たすべき要望など納品時に要求される内容を仕様書という形で明確にすることで、開発に必要な費用や工数の根拠となります。

要件定義で定めた内容をもとに具体的な導入計画を作成したり、既存システムとの連携や業務への組み込み方法などの構想を立てていきます。その際、様々な職種の人が関わることになりますが、それぞれの意見や要望をとりまとめ、クライアントの企業戦略に適したシステム構成に落とし込むのがシステムアーキテクトの役割です。

アーキテクチャの検討・設計

要件定義がまとまったら、より具体的なシステム開発のフェーズへと移行します。

予算や開発期間などをクライアントに説明し、承認を得たうえで対象となるシステムのアーキテクチャを設計します。

まずは、あらかじめ要件を実現するための設計概念にあたるアーキテクチャを検討し、対象となる範囲に抜け漏れがないかを確認します。

システム内の各モジュールやレイヤーにおける役割を把握できるよう基本設計を作ります。

そして、システムが稼働するには、どのような仕組みが必要で、どのようなデータをやり取りするのかなど、システム構成の概要を決めていきます。

このアーキテクチャの設計段階において、クライアントの要望の実現を目指すだけでなく、実際に動作させる際の環境による制約および既存の関連システムとの連携など、懸念事項を明らかにして解消することや完成後の運用および保守まで想定して検討を重ねることなどもシステムアーキテクトの重要な役割です。

また、各エンジニアが実際にどのようにプログラム設計にあたるかの詳細を決め、スムーズに進行できるよう矛盾のない基本設計を提示することも必要です。

開発マネジメント

システムアーキテクトの仕事は、システム開発における上流工程の企画や設計だけではありません。

下流工程に移った後もシステムが無事にプログラミングされ、最終的にクライアントの業務に活かされるものになるか、プロジェクト全体を通じて管理者としての役割を担います。

システム開発のプロジェクトには、その都度様々な職種とのすり合わせや調整が必要となります。

クライアントの要望を汲み取りながら開発チームに正確な指示を出したり、適切なサポートを行ったりとリーダーシップやマネジメント能力を発揮してプロジェクトを成功へ導くための舵取りを行うのもシステムアーキテクトの仕事です。

また、時には企業のプロジェクト自体がまだ構想段階のものもありますが、その場合はプロジェクト立ち上げの一員として基礎的なシステムのデザインから携わり、クライアントのアイデアを形にしていくサポートをすることになります。

このように、システムアーキテクトはIT面でのビジネスコンサルタントとしての役割も担うことがあり、仕事内容は高度かつ多岐に渡ります。