※この記事には広告を含む場合があります。

当サイトの記事には、広告として、アフィリエイトプログラムを使用しています。アフィリエイトによって得られた収益は、より質の高い情報を提供するために当サイトの運営費に充てています。

広告 システムアーキテクト 国家資格 資格一覧

システムアーキテクトになるには?試験最新情報!合格率や出題傾向の変化に注目

システムアーキテクトになるためには、何をすればいいのでしょうか?

最新の試験情報を知ることが大切です。

この記事では、システムアーキテクト試験の合格率や出題傾向の変化について、解説していきます。

資格取得を目指す方は必見です。

システムアーキテクトになるための最適な勉強方法について探っていきましょう。

関連記事:アガルート ひどい 評判だけど実際どうなの!?元受講生に聞いた意外な真実

システムアーキテクト試験とは?合格のメリットと必要なスキルとは

システムアーキテクト試験とは、システムアーキテクトとして必要なスキルや知識を評価する資格試験です。

この資格を持つことは、高い技術力や信頼性が認められたことを意味し、転職や昇進において大きなメリットが得られます。

システムアーキテクトとは、複雑なシステムの設計や構築を行うエキスパートです。

そのため、システムアーキテクト試験は、情報処理やシステム開発の分野に精通し、高度な技術力を備えた人材を評価する試験となっています。

システムアーキテクト試験には、2種類の試験があります。

2種類の試験

1・国家資格:「情報処理技術者試験(システムアーキテクト)

2・民間資格:「システムアーキテクトマスター試験

それぞれの試験は、異なるレベルのスキルや知識を要求されますが、共通しているのは、高度なシステム設計能力やプロジェクトマネジメントスキルが必要であることです。

システムアーキテクト試験に合格することで、自分のスキルや知識を高いレベルで証明できます。

また、企業や組織においても、システムアーキテクトとしてのスキルを持つ人材を求める傾向があります。

そのため、転職や昇進において、大きなアドバンテージを得ることができます。

システムアーキテクト試験に合格するためには、高い専門知識やスキルが必要です。

システム設計やプロジェクトマネジメントに関する知識や経験はもちろん、コミュニケーション能力や問題解決能力も求められます。

しかし、その分、システムアーキテクトとしてのキャリアアップやスキルアップにつながるため、その価値は計り知れないものとなっています。

システムアーキテクト試験は、高度なスキルや知識を要求される難しい試験ですが、その難易度に見合うだけの価値があります。

システムアーキテクトとしてのキャリアアップを目指す人は、この資格を目指して、自分自身のスキルアップに取り組んでみることをおすすめします。

勉強のコツを紹介!合格者が語るシステムアーキテクト試験合格体験談

システムアーキテクト試験合格者が語る、勉強のコツを紹介します。

勉強のコツとは?

長期的な計画を立て、実践的なプロジェクトに参加することが合格のカギ

まずは、自分にあった勉強スケジュールを立てることが大切です。

合格者たちは、試験日数の1.5倍以上の期間にわたって勉強していました。

また、過去問題を解くことも重要で、合格者は過去5年分の問題集を解いていました

そして、実践的なプロジェクトに参加することで、理論だけではなく実践的なスキルも身につけることができます。

具体的には、システム設計や開発に携わるプロジェクトに積極的に参加しましょう。

合格者たちは、自分が参加できるプロジェクトには必ず参加し、経験を積んでいました。

これらの勉強方法やコツを実践することで、システムアーキテクト試験に合格することができるでしょう。

過去問題から分析!システムアーキテクト試験の出題傾向と対策法

システムアーキテクト試験の合格には、過去問題から出題傾向を分析し、対策法を押さえることが必要不可欠です。

過去問題から、出題されるキーワードやポイントを把握することで、合格への近道となります。

そのためには、まずは過去問題を集め、問題文を読み解き、出題傾向を分析することが大切です。

また、答えがわからなくても、問題文と解答を比較することで、出題傾向をつかむことができます。

さらに、自己分析を行い、不足している知識やスキルを把握し、その分野についての勉強や実践を行うことも重要です。

システムアーキテクト試験に合格するためには、過去問題から分析し、対策法を見つけ、自己分析を行うことが必要不可欠です。

試験対策に必要な参考書・過去問

主におすすめする参考書は以下になります。

基本的にはこの1冊で十分なのですが、午後2の論文対策が不足なので、論文対策には

created by Rinker
アイテック
¥3,300 (2024/05/29 01:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

システムアーキテクト試験でよくある間違いと落とし穴の解説

システムアーキテクト試験は、多くの受験者にとって難関となっています。

しかし、合格するためにはよくある間違いや落とし穴を理解し、正しい知識を身に着けることが必要不可欠です。

そこで今回は、システムアーキテクト試験でよくある間違いや落とし穴について解説します。

まず、システムアーキテクト試験において重要なキーワードや概念を理解することが合格への鍵となります。

例えば、システムアーキテクトの役割やタスク、設計パターン、データベースの正規化など、これらを理解していなければ試験に合格することは難しいでしょう。

さらに、よくある間違いや落とし穴も理解しておくことが重要です。

例えば、システムアーキテクト試験では、問題文の中に不要な情報が含まれている場合があります。

そのため、問題文を正確に理解し、必要な情報だけを取り出すことが必要です。

また、試験では、同じ意味の選択肢が複数用意されている場合があります。

これには注意が必要で、選択肢の微妙な違いを理解し、正しい選択肢を選ぶことが求められます。

以上のように、システムアーキテクト試験で合格するためには、よくある間違いや落とし穴を理解し、正しい知識を身に着けることが不可欠です

ぜひ、この解説を参考にして、試験に臨んでください。

最新情報!システムアーキテクト試験の合格率や出題傾向の変化に注目

システムアーキテクト試験の合格率や出題傾向の変化に注目した最新情報をお届けします。

受験生の皆様にとって必要不可欠な情報を、この記事でまとめました。

合格率や出題傾向の変化について詳しく解説し、合格への準備をサポートします。

システムアーキテクト試験合格率

実施年受験者数合格者数合格率
2022年3,474人520人15%
2021年3,433人567人16.5%
2019年5,217人798人15.3%
2018年5,832人736人12.6%

システムアーキテクト試験は、その難易度の高さから多くの方が苦戦する資格の一つです。

しかし、最新の情報を手に入れることで、合格への道が開けるかもしれません。

是非、この記事を参考にして、システムアーキテクト試験に挑戦してみてください。

システムアーキテクトに必要なスキルと知識!試験対策に役立つ情報

システムアーキテクトに求められるスキルや知識について、詳しく解説します。

求められる知識・スキルとは?

システム開発の中心となるポジションであるシステムアーキテクトには、高度な専門知識が求められます。

まずは、システムアーキテクトの役割について理解しましょう。

システムアーキテクトは、システムやプロダクトの設計や開発において、技術的なリーダーシップを担います。

そのために必要なスキルとして、プログラミング言語やネットワーク、データベースなどの基礎知識が必須です。

また、プロジェクトマネジメントやチームマネジメントのスキルも必要とされています。

さらに、ビジネスやマーケティングの知識も必要になることがあります。

スキルアップしていくには?

スキルアップには、実践的なプロジェクトや実績を積むことが欠かせません。

システムアーキテクトには、設計や開発に関する豊富な経験や実績が求められます。

プロジェクトにおいては、コミュニケーション能力や問題解決能力も必要です。

また、最新の技術動向やトレンドにも常にアンテナを張ることが大切です。

それに加えて、業界標準の資格取得もスキルアップにつながります。

例えば、システムアーキテクトには、TOGAFやITILなどの資格が有効です。

資格取得によって、専門性を高め、キャリアアップにつなげることができます。

以上のように、システムアーキテクトに必要なスキルや知識について解説しました。

資格取得や実践的なプロジェクト経験、最新の技術動向の把握など、自己研鑽が欠かせません。

システム開発の中心的なポジションであるシステムアーキテクトとして、高い専門性を身につけ、プロジェクトの成功に貢献しましょう。

システムアーキテクト試験に合格するためのモチベーションアップの方法

システムアーキテクト試験を受験するためには、しっかりとしたモチベーションが必要不可欠です。

しかし、長期間の勉強や試験の難易度によって、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

そこで、受験生のモチベーションをアップさせる方法を紹介します。

モチベーションを上げる方法

まず、目標を明確にすることが大切です。

システムアーキテクト試験に合格することが目標であれば、その合格に必要な勉強時間や知識の範囲を把握しましょう。

そして、その目標を達成するために、具体的な計画を立てることが重要です。

計画を立てることで、目標に向かって進むことが容易になります。

また、勉強方法にも工夫が必要です。

同じ教材で勉強を続けると、飽きが来たり、効果が薄れたりしてしまいます。

そこで、違った教材や勉強方法を取り入れることが必要です。

例えば、問題演習を取り入れることで、自分の理解度を確認しやすくなり、達成感を味わえるようになります。

また、同じ問題集を繰り返し解くのではなく、違う問題集や模擬試験を取り入れることで、より幅広い知識を身につけることができます。

以上のように、目標を明確にし、具体的な計画を立て、違った勉強方法を取り入れることで、システムアーキテクト試験に合格するためのモチベーションアップを図ることができます。

ぜひ、この方法を実践して、合格に向けて頑張ってください。

10. システムアーキテクトになるためのキャリアパスと将来性について

システムアーキテクトになるためのキャリアパスや将来性について、解説します。

システムアーキテクトのキャリアパスについて

システムアーキテクトとは、システム全体の設計や構成を担当する専門家です。

その役割は非常に重要であり、企業の成長や競争力に直結します。

そんなシステムアーキテクトになるためのキャリアパスは、まずはITエンジニアとしての経験を積むことが必要です。

その後、システムアーキテクトとしての知識やスキルを磨くための資格取得を目指すことが重要です。

システムアーキテクトに必要なスキルは、システム全体を俯瞰し、設計や構成を行う能力が必要です。

また、コミュニケーション能力やプロジェクトマネジメント能力も重要です。

そのため、システムアーキテクトに必要な資格は、プロジェクトマネージャー、システムアドミニストレーター、ITアーキテクトなど様々な資格があります。

資格取得によって、システムアーキテクトとしてのスキルや知識を向上させ、将来的なキャリアアップや高収入の可能性もあります。

システムアーキテクト 将来性について

システムアーキテクトの将来性は非常に高く、IT技術の進化に伴い、ますます需要が増しています。

特に、デジタルトランスフォーメーションやAI、IoTなどの分野においては、システムアーキテクトの需要が高まっています。

これからの社会において、システムアーキテクトはますます不可欠な存在となることでしょう。

以上、システムアーキテクトになるためのキャリアパスや将来性について詳しく解説しました。

資格取得によって、システムアーキテクトとしての知識やスキルを磨き、将来的なキャリアアップや高収入を目指してみてはいかがでしょうか。

合格するために必要な勉強時間と勉強法のアドバイス

資格取得に必要な勉強時間と勉強法のアドバイス

資格を取得するためには、長期的な計画を立て、効率的な勉強法を取り入れることが重要です。

しかし、その勉強法がほかの人には合わない場合もあります。

まずは自分に合った勉強法を見つけることが大切です。

資格の種類や難易度によって必要な勉強時間は異なりますが、平均的な時間としては約300時間から500時間程度が必要とされています。

しかし、これはあくまでも目安であり、個人差が大きく影響します。

自分のスケジュールに合わせて計画を立て、無理のない範囲で勉強時間を確保することが大切です。

また、単純に勉強時間を増やすだけではなく、効率的な勉強法を取り入れることも重要です。

例えば、アウトプットを意識した勉強法や、過去問を解きながら理解を深める勉強法などがあります。

ただし、自分に合わない勉強法を無理に取り入れることは逆効果になる場合があるため、自分に合った勉強法を見つけることが大切です。

資格を取得するためには、長期的な計画と効率的な勉強法が必要です。

自分に合った勉強法を見つけ、無理のない範囲で勉強時間を確保することが合格への近道です。

関連記事:応用情報技術者試験とは?資格取得の為に抑えておきたい4つのポイント!!

システムアーキテクトになるには?


システムアーキテクトになるには、システムアーキテクト試験を受験し、合格しなければいけません。

IT業界で人気の高い国家資格であるシステムアーキテクト試験とはどのようなものか。

ここでは、その詳細をご紹介します。

ホームページ・受験申込・問合せ

独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
03-5978-7600

受験資格

制限なし

願書申込み受付期間・受験料

  • インターネット:1月下旬~2月下旬頃まで
  • 郵送:1月下旬~2月中旬頃まで
  • 7,500円

身体上の障害等に係る特別措置について

身体障害などの理由で、特別措置を希望する場合は、願書の「身体障害者特別措」欄に該当する障害の種類の番号を記載し、願書と一緒に、身体障害者特別措置確認表と、身体障害者手帳のコピー(確認のため医師の診断書を提出を求められる場合があります。)を同封し【簡易書留】で提出します。

障害の種類は以下の通りです。

  1. 肢体不自由
  2. 聴覚障害
  3. 視覚障害
  4. 視覚障害(点字)
    (点字による試験区分は、原則、ITパスポート試験、基本情報技術者試験、
    応用情報技術者試験のみ)
  5. 1. ~ 4. 以外の障害
    (骨折,妊婦など一般会場での受験が難しい場合を含む。)

封筒には以下の通り記載します。

〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス15 階
独立行政法人 情報処理推進機構
IT 人材育成本部 情報処理技術者試験センター
実施グループ 願書受付係
(特別措置確認票等 在中)

試験内容

 午前試験Ⅰ午前試験Ⅱ午後試験Ⅰ午後試験Ⅱ
 試験時間 50分 40分 90分 120分
 出題形式 多肢選択式
(四肢択一)
 多肢選択式
(四肢択一)
 記述式 論述式
 出題数 30問※全問必須 25問※全問必須 4問中2問回答 3問中1問回答
 合格基準 満点の60%以上 満点の60%以上 満点の60%以上 ランクA

※下記(カッコ)内の数字は技術レベルを表す。
技術レベル4が最高難易度となります。

午前試験Ⅰ

テクノロジ系(3)

1. 基礎理論

  • ① 離散数学
  • ② 応用数学
  • ③ 情報に関する理論
  • ④ 通信に関する理論
  • ⑤ 計測、制御に関する理論
  • ⑥ データ構造
  • ⑦ アルゴリズム
  • ⑧ プログラミング
  • ⑨ プログラム言語
  • ⑩ その他の言語

2. コンピュータシステム

  • ① プロセッサ
  • ② メモリ
  • ③ バス
  • ④ 入出力デバイス
  • ⑤ 入出力装置
  • ⑥ システムの構成
  • ⑦ システムの評価指標
  • ⑧ オペレーティングシステム
  • ⑨ ミドルウェア
  • ⑩ ファイルシステム
  • ⑪ 開発ツール
  • ⑫ オープンソースソフトウェア
  • ⑬ ハードウェア

3. 技術要素

  • ① ヒューマンインターフェース技術
  • ② インターフェース設計
  • ③ マルチメディア技術
  • ④ マルチメディア応用
  • ⑤ データベース方式
  • ⑥ データベース設計
  • ⑦ データ操作
  • ⑧ トランザクション処理
  • ⑨ データベース応用
  • ⑩ ネットワーク方式
  • ⑪ データ通信と制御
  • ⑫ 通信プロトコル
  • ⑬ ネットワーク管理
  • ⑭ ネットワーク応用
  • ⑮ 情報セキュリティ
  • ⑯ 情報セキュリティ管理
  • ⑰ セキュリティ技術評価
  • ⑱ 情報セキュリティ対策
  • ⑲ セキュリティ実装技術

4. 開発技術

  • ① システム要件定義
  • ② システム方式設計
  • ③ ソフトウェア要件定義
  • ④ ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
  • ⑤ ソフトウェアコード作成及びテスト
  • ⑥ ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
  • ⑦ システム結合・システム適格性確認テスト
  • ⑧ ソフトウェア導入
  • ⑨ ソフトウェア受入れ
  • ⑩ ソフトウェア保守
  • ⑪ 開発プロセス
  • ⑫ 知的財産適用管理
  • ⑬ 開発環境管理
  • ⑭ 構成管理・変更管理
マネジメント系(3)

5. プロジェクトマネジメント

  • ① プロジェクト統合マネジメント
  • ② プロジェクト・スコープ・マネジメント
  • ③ プロジェクト・タイム・マネジメント
  • ④ プロジェクト・コスト・マネジメント
  • ⑤ プロジェクト品質マネジメント
  • ⑥ プロジェクト人的資源マネジメント
  • ⑦ プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
  • ⑧ プロジェクト・リスク・マネジメント
  • ⑨ プロジェクト調達マネジメント

6. サービスマネジメント

  • ① サービスマネジメント
  • ② 運用設計・ツール
  • ③ サービスサポート
  • ④ サービスデリバリ
  • ⑤ サービスマネジメント構築
  • ⑥ ファシリティマネジメント
  • ⑦ システム監査
  • ⑧ 内部統制
ストラテジ系(3)

7. システム戦略

  • ① 情報システム戦略
  • ② 業務プロセス
  • ③ ソリューションビジネス
  • ④ システム活用促進・評価
  • ⑤ システム化計画
  • ⑥ 要件定義
  • ⑦ 調達計画・実施

8. 経営戦略

  • ① 経営戦略手法
  • ② マーケティング
  • ③ ビジネス戦略と目標・評価
  • ④ 経営管理システム
  • ⑤ 技術開発戦略の立案
  • ⑥ 技術開発計画
  • ⑦ ビジネスシステム
  • ⑧ エンジニアリングシステム
  • ⑨ e-ビジネス
  • ⑩ 民生機器
  • ⑪ 産業機器

9. 企業と法務

  • ① 経営・組織論
  • ② OR・IE
  • ③ 会計・財務
  • ④ 知的財産権
  • ⑤ セキュリティ関連法規
  • ⑥ 労働関連・取引関連法規
  • ⑦ その他の法律ガイドライン・技術者論理
  • ⑧ 標準化関連

午前試験Ⅱ

テクノロジ系

2. コンピュータシステム

  • ① コンピュータ構成要素(3)
  • ② システム構成要素(3)

3. 技術要素

  • ① データベース(3)
  • ② ネットワーク(3)
  • ③ セキュリティ(3)

4. 開発技術

  • ① システム開発技術(4)
  • ② ソフトウェア開発管理技術(3)
ストラテジ系

6. システム戦略

  • ① システム戦略(3)
  • ② システム企画(4)

午後試験Ⅰ・Ⅱ

(午後Ⅰ:記述式、午後Ⅱ:論述式)

情報システム

  • ① 契約・合意に関すること
  • ② 企画に関すること
  • ③ 要件定義に関すること
  • ④ 開発に関すること
  • ⑤ 運用・保守に関すること
  • ⑥ 関連知識

組込みシステム

  • ① 機能要件の分析、機能仕様の決定に関すること
  • ② 機能使用を満足させるハードウェアとソフトウェアの要求仕様の決定に関すること
  • ③ 汎用的モジュールの利用に関すること

免除(科目等)について

以下の①~③のいずれかに該当する場合は申請により、その後の2年間において午前試験Ⅰが免除されます。

① 応用情報技術者試験合格
② 下記いずれかの高度試験合格

  • ITストラテジスト試験【秋期】
  • システムアーキテクト試験【秋期】
  • プロジェクトマネージャ試験【春期】
  • ネットワークスペシャリスト試験【秋期】
  • データベーススペシャリスト試験【春期】
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験【春期】
  • ITサービスマネージャ試験【秋期】
  • システム監査技術者試験【春期】
  • 情報処理安全確保支援士【春期】【秋期】

③ 上記いずれかの高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得た者。

受験地・試験日程

  • 全国主要50地区の受験地
  • 4月第3日曜日

合格基準

下記の基準点を全て満たした者がで合格となります。
(多段階選抜方式)

  • 午前Ⅰ:100点満点中、60点以上
  • 午前Ⅱ:100点満点中、60点以上
  • 午後Ⅰ:100点満点中、60点以上
  • 午後Ⅱ:ランクA

関連記事:ITパスポート試験とは?ITパスポート取得の前に抑えておきたい5つの事!!

まとめ

システムアーキテクトになるためには、最新の情報を抑えておくことが重要です。

この記事では、専門家が持つ知識をもとに、試験の合格率や出題傾向の変化について解説してきました。

ぜひ、システムアーキテクトを目指す方は、この記事を読んで役立つ情報を手に入れてください。

関連記事:webクリエイター能力認定試験 意味ないって言われる理由とは?webクリエイター能力認定試験を徹底解説!

よく読まれている記事一覧

アガルート 悪い 評判 1

Googleで「アガルートアカデミー」を検索すると、以下のワードがヒットすることも事実です。 「アガルート ひどい」という関連ワードからは、ポジティブな情報は伝わってきません。 しかし、これが本当なの ...

中小企業診断士 通信講座 比較 2

比較内容 スマホ動画 料金の安さ サポート、アフターサービスの内容 独自サービス テキスト・授業の質、わかりやすさ 2次試験の合格率の高さ 合格実績 総合評価ランキング 第1位アガルート 第2位診断士 ...

アガルート 中小企業診断士講座 比較 診断士ゼミナール 3

「アガルート」と「診断士ゼミナール」は、コスパが非常に良い通信講座として知られています。 しかし、中小企業診断士の通信講座を選ぼうとしている人の中には、この2つの講座のどちらを選ぶべきか迷っている人も ...

アガルート ひどい 評判 4

アガルートの講座を受講を検討されてる方の不安解消に少しでも役立てば幸いです。 また、記事の後半に「大切なこと」を体験した人から意見を頂戴していますので、是非参考にしてください! インタビューに答えてく ...

CPA会計学院 公認会計士講座 合格率 5

と発表があり、合格者の最低年齢は17歳! また、合格者の平均年齢は24.5歳と若い世代で国家資格の公認会計士試験に合格しちゃったら と思われ一瞬で周りの目が変わっちゃいますね。 そんな公認会計士試験平 ...

毒物劇物取扱責任者 試験 合格率 テキスト 6

毒物劇物取扱者・毒物劇物取扱責任者試験の特徴 毒物劇物取扱責任者の試験の最大の特徴は都道府県によって試験内容が異なるということです。 毒物劇物取扱者・毒物劇物取扱責任者試験の概要・合格率は以下の記事に ...

消防士 なるには? 7

おすすめ「公務員【消防士向け】予備校」は、以下になります。 ランキング 予備校 第1位 LEC 第2位 資格の大原 第3位 EYE公務員試験予備校 第4位 クレアール 第5位 資格の大栄 上記ランキン ...