毒物劇物取扱責任者(毒物劇物取扱者試験)って転職に役立つ?

毒物劇物取扱責任者(毒物劇物取扱者試験)の概要、またこの資格が転職に役立つのか、資格の活かし方や、収入と将来性、などを解説していきます。

結論から言うと、「毒物劇物取扱責任者資格」は就職・転職サイト、ハローワークなどを探してもほとんど見つかりません。

しかも募集しているのがほとんど地方で、都会ではめったに見つかりません。

本記事でわかる事。
  • 毒物劇物取扱責任者資格は転職に役立つ?
  • 毒物劇物取扱責任者とは?
  • 毒物劇物取扱責任者資格の活かし方
  • 毒物劇物取扱責任者の収入と将来性
  • 毒物劇物取扱責任者試験概要



毒物劇物取扱責任者資格は転職に役立つ?

毒物劇物取扱責任者資格は転職に役立つ
毒物劇物取扱者試験に合格しても、就職や転職に役立つとまでは言えません。

履歴書に書いてもそれほど有利にはならないかもです。

実は、毒物劇物取扱者試験の合格者の求人は、就職・転職サイト、ハローワークなどを探してもほとんど見つかりません。

しかも募集しているのがほとんど地方で、都会ではめったに見つかりません。

毒物劇物の製造・輸入・販売を行う会社や事業所では、毒物劇物取扱責任者は必要です。

農薬の販売店などでも需要がありますが「責任者」として店舗に1名いれば足ります。

難易度もそれほど高い試験でもないので、いざとなれば社員に取得させればすみます。

社内に要件を満たす社員がいれば選任できます。

化学系学科の卒業生が毒物劇物取扱責任者になる資格を有していることは、企業側は充分理解しているので、新卒者でも特に就活する上でのメリットはありません。

資格だけ持っていても、現場ではやはり実務経験が必要です。

応用化学に関する学課のある大学か高校を卒業しているだけで毒物劇物取扱責任者になるための要件を満たしているので、意外と有資格者が多いのが現実です。