毒物劇物取扱者試験って難しい?毒物劇物取扱者試験を徹底解説!!

毒物劇物取扱者試験について、また合格率、おすすめテキスト、参考書や問題集などを解説していきます。

結論として、毒物劇物取扱者試験は「東京都」の問題が4択なので合格しやすいと言えます。

毒物劇物取扱責任者(毒物劇物取扱者試験)概要記事は下記になります。

本記事でわかる事
  • 毒物劇物取扱者試験は簡単な県で受験すれば合格しやすい!
  • 毒物劇物取扱者試験は「一般」がおすすめ
  • 無試験で毒物劇物取扱責任者になれる?
  • 危険物取扱者乙4とどちらがおすすめ?
  • 毒物劇物取扱者試験合格率
  • 毒物劇物取扱者試験に合格するには
  • 毒物劇物取扱者試験おすすめテキスト・過去問

上記の内容について解説していきます。


毒物劇物取扱者試験は簡単な県で受験すれば合格しやすい!

資格取得道
毒物劇物取扱者試験の最も大きな特徴は、都道府県によって試験全般が異なる点です。

試験の実施日も違えば、試験の内容や難易度、出題傾向も違います。

都道府県によって出題数も違います。

4択の問題もあれば5択も、○×方式、多肢選択式もあります。

長文の文章問題もあれば、単純な知識問題程度の出題もあります。

つまり、試験が簡単な県で受験すれば、合格できる可能性が高いということです。

ちなみに「東京都」は4択問題で、同じ関東の「茨城県」は5択問題となり試験合格率もかなり変わってきています。

令和3年度東京都毒物劇物取扱者試験

種別一  般農業用品目特定品目
出願者数(人)7371003
受験者数(人)641953
合格者数(人)348292
合格率(%)54.330.566.7

令和3年度茨城県毒物劇物取扱者試験合格率

種別一  般農業用品目特定品目
出願者数(人)419218
受験者数(人)371218
合格者数(人)14375
合格率(%)38.533.362.5

毒物劇物取扱者試験は、どこの都道府県でも受験できますし、合格すれば全国で有効です。

関西であれば、毎年のように京都府が最も難易度が低い「簡単な県」という評判でした。

しかし、残念ながら令和元年度から滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県の毒物劇物取扱者試験に関する業務は関西広域連合で実施する運びとなり、上記6府県は統一の試験となって難易度の差はなくなりました。

毒物劇物取扱責任者試験の合格率を上げる秘訣!おすすめテキスト・過去問