ウェブデザイン検定2級の取得難易度と独学での試験対策を徹底解説

ウェブデザイン検定2級の取得難易度と独学での試験対策を徹底解説




今回は、ウェブデザイン技能検定2級の難易度や合格率、実技試験対策について解説します。

ウェブデザイン技能検定2級とは、特定非営利活動法人・インターネットスキル認定普及協会が実施する、ウェブデザインについての検定試験の内、中間に位置するレベルです。

3級に比べるとやや難しいと言われていますが、その分3級よりも価値が高く、転職する際には有利になる国家資格です。

また、1級を受験したい方には、必須の資格となります。





ウェブデザイン技能検定 2級試験概要

試験方法筆記試験(マーク方式):「多肢選択法」「真偽法」形式
実技試験:課題選択方式
試験時間筆記試験60分+実技試験120分
合格基準筆記試験:70点以上(100 点満点)
実技試験:70点以上(100点満点:ただし、各作業分類において配点の60%以上の得点を得ること)
受験対象者・ウェブデザイナーとして2年以上の実務経験を持っていること
・職業高校、短大等を卒業していること
・大学を卒業していること
・高度職業訓練を修了していること
・ウェブデザイン技能検定3級に合格していること
学科試験科目及び

その範囲

  • インターネット概論
  • ワールドワイドウェブ(WWW)法務
  • ウェブデザイン技術
  • ウェブ標準
  • ウェブビジュアルデザイン
  • ウェブインフォメーションデザイン
  • アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
  • ウェブサイト設計・構築技術
  • ウェブサイト運用・管理技術
  • 安全衛生・作業環境構築
実技試験科目及び

その範囲

  • ウェブサイトデザイン
  • ウェブサイト運用管理
受験料金学科試験:6,000円(非課税)
実技試験:12,500円
(合計18,500円。※受検年の4月1日において35歳未満の方は7,000円

免除(科目等)について

ウェブデザイン技能検定は「学科試験」、「実技試験」の2部構成となっており、
「学科試験」、「実技試験」両試験の合格の他に、いずれかのみの一部合格があります。

 

また、実務経験者においては、その内容と年数により、
一部又は両試験の受検が免除されます。

ウェブデザイン技能検定の一部合格者で以下の者
  • 1級又は2級の技能検定に合格した者は、2級の学科試験の全部
  • 1級、2級又は3級の技能検定に合格した者は、3級の学科試験の全部
  • 1級又は2級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1)は、2級の学科試験の全部
  • 1級、2級又は3級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1)は、3級の学科試験の全部
  • 2級の技能検定において、実技試験に合格した者(※2)は、2級の実技試験の全部

(※1) 当該学科試験が行われる日が、学科試験の合格日より2年以内である場合に限る。
(※2) 当該実技試験が行われる日が、実技試験の合格日より2年以内である場合に限る。

実務経験者
  • ウェブデザイン職種の指定試験機関技能検定委員であって、試験問題作成に係る職務に2年以上携わった者は、
    1級、2級及び3級の学科試験及び実技試験の全部
  • ウェブデザイン職種の指定試験機関技能検定委員を5年以上務めた者は、
    1級の実技試験の全部、2級及び3級の学科試験及び実技試験の全部
  • ウェブデザイン職種の指定試験機関技能検定委員を2年以上務めた者は、
    2級の実技試験の全部、3級の学科試験及び実技試験の全部
  • 技能五輪全国大会のウェブデザイン職種において、1級の技能検定合格者と
    同等以上の技能を有すると認められ、技能証の交付を受けた者(※3)は、1級の実技試験の全部

(※3) 平成28年度以降に技能証の交付を受けた者に限る。

身体上の障害等に係る特別措置について

検定で必要な作業を単独で行えることが必要となりますが、
その他の必要なサポート状況の把握のため、受験申し込み前に、
予め検定事務局までお問い合わせ下さい。

ただし、いかなる場合もサポートを理由とした時間延長の措置はとられません。

受験申込・問合せ・願書申込み受付期間

受験申込・問合せ・願書申込み受付期間
  • 受験申込・問合せ
    インターネットスキル認定普及協会
  • 願書申込み受付期間
    ①4月上旬~下旬頃まで
    ②7月上旬~下旬頃まで
    ③10月上旬~下旬頃まで
    ④12月下旬~翌年1月中旬頃まで(年4回)



独学にAmazon Kindle Unlimitedをおすすめする理由


Amazon Kindle Unlimited」はKindleを定額で読み放題できるサービスです。

料金は月額980円(税込み)で同時に10冊まで借りれます。

また、30日間は無料体験として利用できます。

Kindle端末を購入しなくとも専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでもKindle本を読めます。

Kindle Unlimited対象の本数は200万冊以上

手元に置いとかなくても良いかな…

けど、ちょっと気になるけど、買うのはもったいないって思った人におすすめです。


ウェブデザイン技能検定2級の難易度とは?


合格率が60%~70%の3級に比べると、ウェブデザイン技能検定2級の合格率は30%~40%、これはおおよそ2人に1人が合格する割合です。

3級よりやや難しくなり、なおかつ、ウェブデザイン技能検定2級には「受験資格」があります。

ウェブデザイン技能検定2級は、毎年約1,500人が受験しますが、どなたでも受験できるわけではありません。

「受験資格」
  • ウェブデザイナーとして2年以上の実務経験を持っていること
  • 職業高校、短大等を卒業していること
  • 大学を卒業していること
  • 高度職業訓練を修了していること
  • ウェブデザイン技能検定3級に合格していること

実務経験のない初学者の方であれば、まずは3級の試験に合格している必要があります。

もしもまだ3級に合格していないのであれば、3級に合格するか、その他の資格に該当していなければなりません。

また、ウェブデザイン技能検定2級は、知識が問われる学科試験(筆記テスト)と、実務能力が問われる実技試験(実技テスト)の2つで行われます。

ウェブデザイン技能検定は、学科試験と実技試験のどちらも一定の力を要求されるため、学科試験・実技試験のそれぞれで、100点満点中70点以上を取らなければなりません。

つまり、どちらかだけが高得点でも合格はできないということです。

そのため、出題される問題によっては合格率が高くなったり、低くなったりすることもあります。

ウェブデザイン技能検定2級は難易度が毎年変わりやすく、必ず2人に1人が合格できるとは限りません。

自分が受験する年の難易度は受験してみなければわからないため、どんな問題が出ても回答できるよう、しっかりと勉強して試験に臨むことをお勧めします。



ウェブデザイン技能検定2級試験対策


ウェブデザイン技能検定2級を合格した方の意見をまとめています。

2級学科試験

2級学科試験のポイント
  • 40問中28問解けたら合格
  • 過去問と同じ問題が出る

何回分か過去問を解くと、全く同じ問題がいくつも出題されていることに気づくので40問中28問知っている問題が出れば合格は確実です。

いかに多くの過去問を完璧にできるかが鍵になります。

2級学科試験勉強法

試験の1か月前から1日30分~1時間程度、公式ホームページの過去問と
公式の過去問題集1冊を繰り返し勉強する。

確実に合格を目指すのであれば、最低8回分以上の過去問を解いて完璧に覚えておくことがおすすめです。

公式過去問

created by Rinker
¥17,986 (2022/09/27 10:02:14時点 Amazon調べ-詳細)

2級実技試験

PC上で課題を作成する問題が5つ出題されます。

5つ目のみ選択式になっており、aかbのどちらかを選択して回答します。

実技試験は過去にほとんど問題が変わっていませんので、丸暗記をすれば基本的に合格できます。

なお、勉強にはAdobeのDreamweaverやPhotoshop等の専用のアプリケーションを持っている必要があります。

※使用できるアプリケーションは変更される可能性があるため、公式サイトを確認するのが確実です。

2級実技試験勉強法

試験の1週間前から1日1時間~2時間程度公式の過去問集(過去5回分の問題が収録)を繰り返し解いていく。

作業1

ナビゲーション(メニュー)を作成する問題

上部メニューの素材を作成する問題です。Photoshopで作成をする。

作業2

アニメーションバナーを作成する問題

Photoshopを使用してGIF動画を作成するのが簡単です。
文字を動かす、背景を透明にする、などの簡単なアニメーションをつければ問題ないです。

作業3

作業1、2で作成した素材を使用してコーディングをする問題

こちらはDreamweaverを使用することで、ロールオーバー(オンマウスで画像が切り替わる)機能のJavaScriptも簡単にコーディングすることができます。

作業4

指定された文章を構造化する問題

作業3で作成したものをそのまま使用します。(t3フォルダをコピーしt4に名前を変えることを忘れずに。)Dreamweaverを使用して解きましょう。

作業5

5aか5bのどちらかを選択して回答します。

5aは指定された内容のフォームを作成する問題、5bは指定された仕様になるようにJavaScriptを記述する問題です。

5aはフォームを記述しなければいけないのに対し、5bはたった2行を追加するのみで良いのでおすすめです。

JavaScriptを記述すると言うと難しく聞こえますが、JavaScriptの部分は丸暗記で問題ないです。

簡単なcssの知識が必要になりますので、cssに自信がない方は5bの過去問をできるだけたくさんチェックしておくことをおすすめします。

実技試験は1問でも0点になってしまうと、それ以外の問題が完璧でも合格できませんので注意が必要です!


ウェブデザイン技能検定最新独学学習アイテム4セット

ウェブデザイン技能検定最新独学学習アイテム4セット

結果を出したいのであれば、
まずはこれだけを揃えればいいんです。

ぶっちゃけこの学習法はインプットとアウトプットの
いいとこ取りって感じです。

独学での資格の勉強の必勝パターンって
いっても過言ではありません。

前項で紹介した紙テキストで勉強する場合って
デメリット多くないですか?

私は毎日通勤時間が長いので紙テキストだと重くて…、
いかに「スキマ時間」を有効活用するか考えました!

私と同じように通勤時間が長い人に
おすすめの学習アイテムは以下の4つです!

上記4点をおすすめする理由が、やっぱり
「スキマ時間」がたくさん使える点です!

  • 通勤時間座れたらiPadで学習
  • たって通勤ならiPad×Audibleで耳からインプット学習
  • 自宅で風呂に浸かりながらリラックスしてiPad×Kindle Unlimitedでアウトプット中心の学習

この上記の4点セットの最大のメリットは、

「どんな資格取得の独学に使える」

って事です!

最初に上記4点を手に入れてれば、
独学で勉強するのにこんなに
効率がいい勉強法ってあるでしょうか?

通勤に2時間かかっていたら、
往復で4時間かかります!

紙テキスト手に持って
4時間学習って疲れませんか?

また、通勤でストレスを感じてるのに、
手に持って学習って疲れませんか?

 

そんな状態だと家に帰っても
「バタンキュー!」って寝ちゃって
資格勉強なんてできませんよね…

私は、この方法で
色んな資格の勉強対策をしています!

さっそくおうちに帰って
リラックスしながら勉強法を実践してみましょう。



まとめ

ウェブデザイン技能検定2級の難易度や合格率、試験内容や試験対策についてご紹介をしてきました。

ウェブデザイン技能検定は国家資格の割にはまだ知名度が低く、就職に有利に働くかは分からないというのが正直なところです。

しかし、これからウェブデザイナーを目指していきたいという方は、ウェブデザイナーとしての必要な知識を覚える良いきっかけになるでしょう。

また、ウェブデザイン技能士として名乗ることで、ウェブデザイナーとしての基礎的な知識があることを示すことができるます。

顧客に安心感を与えることができるというメリットは大きいと思えます。

ウェブデザイン技能検定3級を取得したら、是非2級も挑戦してみてはいかがでしょうか?