CompTIA A+とは?CompTIA A+ 難易 度や勉強 方法 教材、過去 問を徹底解説!

CompTIA A+とは?CompTIA A+ 難易 度や勉強 方法 教材、過去 問を徹底解説!




CompTIA A+の資格の概要、CompTIA A+取得難易度、どんな教材、過去問がおすすめなのか、どういった勉強方法が有効的なのか解説していきます。


CompTIA A+とはどんな資格?

CompTIA A+とは
CompTIA A+はCompTIA(コンプティア、コンピューティング技術産業協会)が認定しているベンダーニュートラルなIT関連の国際資格です。

CompTIAは1982年に設立されて以来、日本や欧米をはじめとした世界各国に拠点を増やし、現在では100カ国以上の国と地域で試験を実施しています。

CompTIA A+ではITプロフェッショナルとして活躍するための基本的な知識を学べ、その範囲はハードウェア、OS、ネットワーク、セキュリティ、トラブルシューティングといった広範囲にわたります。

CompTIA A+は特定のベンダー製品に特化していない「ベンダーニュートラル」な資格なので多くの産業界から支持されています。

どんなデバイスやOS、ネットワークにも対応できる普遍的な知識を学べることが強みです。

現在ではデバイスやOSが混在している環境も少なくないため、ベンダーの垣根をこえてスキルを活かせるCompTIA A+のような資格が重要となっています。



CompTIA A+ 試験難易 度ってどれくらい?

CompTIA A+ 試験難易 度
残念ながら、合格率は非公表のため詳細は不明です。

しかし、CompTIA A+はエントリーレベルのITプロフェッショナル向け資格なので難易度はそれほど高くないっていわれてます。

ただ、出題範囲が広いため実務経験を積んだエンジニアでもしっかりと対策しないと厳しい試験です。



CompTIA A+ 試験概要

CompTIA A+ 試験概要は以下になります。

ホームページ・受験申込・問合せ

ピアソンVUE
0120-355-583

CompTIA 日本支局
03-5226-5345

受験資格

制限なし

願書申込み受付期間

随時

試験日程

毎日実施(土、日、祝日の日程は試験会場により異なります。)

受験地

全国の認定テストセンター

受験料(税込み)

1試験 29,983円※1試験分

(メンバー価格:1科目:25,485円、CAPP Academy価格:9,767円)

身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。

また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  1. pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  2. ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  3. 2.に必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  4. pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  5. 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  6. 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)

※許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能

※1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能

試験内容

CompTIA A+ Core1 220-1001(90問/90分)

パフォーマンスベーステスト
① モバイルデバイス(14%)
② ネットワーキング(20%)
③ ハードウェア(27%)
④ 仮想化とクラウドコンピューティ(12%)
⑤ ハードウェアとネットワークのトラブルシューティング(27%)

CompTIA A+ Core12 220-1002(90問/90分)

パフォーマンスベーステスト
① オペレーティングシステム(27%)
② セキュリティ(24%)
③ ソフトウェアのトラブルシューティング(26%)
④ 運用手順(23%)

※A+になるには上記の双方に合格する必要があります。

合格基準

  • CompTIA A+ 220-1001

900満点中、675スコア以上で合格となります。

  • CompTIA A+ 220-1002

900満点中、700スコア以上で合格となります。

合格後の更新について

CompTIA A+は、資格取得からの有効期間は3年間です。

以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。

年間CE費用:$25(総CE費用:$75)、支払いはPayPal経由での処理となります。

(※対象となっているハイレベルなCompTIA認定資格の新規取得、更新する認定資格の最新バージョンの合格で更新する場合は、このCE費用は免除されます。)

CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの

  • CompTIA A+改訂試験の合格
  • CompTIA A+の上位資格にあたるCompTIA認定資格の取得

更新に必要な「60」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの

CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得

CompTIA A+おすすめ教材・過去問

CompTIA A+おすすめ教材・過去問

A+ テキスト Vol.2 220‐902対応 (実務で役立つIT資格CompTIAシリーズ)

各試験範囲(220‐901対応 /220‐902対応)毎に参考書が分かれています。

各ITデバイスやハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、仮想化、セキュリティ、運用(トラブルシューティング)などの知識を基礎から体系的に学習する事が可能です。

初心者にも分かるように図解を交えながら解説されているので、基礎固めをしたい人にもおすすめ教材です!

もちろん、本参考書は試験範囲を網羅されておりますので、CompTIA A+に合格したい方は必須の参考書ですね!

A+ 問題集 Vol.1 220‐901対応 (実務で役立つIT資格CompTIAシリーズ)

CompTIA A+おすすめ過去問は内容なので、CompTIA A+おすすめ教材の問題集を紹介させていただきます。

問題集も各試験範囲(220‐901対応 /220‐902対応)毎に参考書が分かれており、上記で紹介した「CompTIA A+の教科書」で学習した内容を問題を通して理解度を深める事ができます。

IT初心者であっても、問題の解説が非常に丁寧なので、しっかりサーバの知識を身につける事が可能です!

もちろん、本参考書は試験範囲を網羅されておりますし、本試験の問題の傾向などを把握する事も可能ですね!



Amazon Kindle Unlimitedをおすすめする理由


Amazon Kindle Unlimited」はKindleを定額で読み放題できるサービスです。

料金は月額980円(税込み)で同時に10冊まで借りれます。

また、30日間は無料体験として利用できます。

Kindle端末を購入しなくとも専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでもKindle本を読めます。

Kindle Unlimited対象の本数は200万冊以上




CompTIA A+のおすすめ勉強方法

CompTIA A+のおすすめ勉強方法
CompTIA A+のおすすめ勉強方法は以下の2点

  • A+ テキストをベースに技術のキャッチアップ(不明な単語はWebで確認)
  • A+ 問題集の問題を繰り返し解く(不明な単語はWebで確認)

A+ テキストをベースに技術のキャッチアップ(不明な単語はWebで確認)

※※2022/2現在では、最新の試験番号(220-1001, 220-1002)の日本語参考書が発売されておりません。

その為、本記事では旧試験/参考書をベースとした勉強方法を紹介します。

CompTIA A+の教科書では、本試験に合格する為に必要なIT技術を1つ1つ丁寧に解説されております。

図解を含めながら解説されておりますので、初心者にも非常に分かりやすく非常におすすめです!

また、理解しにくい技術があればWebで検索しながら、理解を深めていくのがポイント!

「分からない用語や技術の仕組みはあいまいのままにしない事」が非常に重要です。

A+ 問題集の問題を繰り返し解く(不明な単語はWebで確認)

次に実施する事は「A+ 問題集の問題」を繰り返し、解く!

※以下の問題集はCompTIA A+に特化した問題集なので、本試験の問題の傾向などを把握する事が可能です!

また、問題集を解く際は正解の選択肢を覚えるのではなく、不正解の選択肢が「なぜ誤っているのか」をしっかり把握しながら勉強を進めましょう。

上記のような勉強方法で進める事によりイレギュラーな問題に対して対応出来るようになるので、より合格率が向上します!

もちろん、正確な知識や技術を身につける事が可能ですね!

本問題集で95%以上正解が出来るようになれば、CompTIA A+の合格圏に入ったと考えて問題ないと思います。

CompTIA A+とは?CompTIA A+ 難易 度や勉強 方法 教材、過去 問:まとめ

今回ご紹介した、CompTIA A+資格は、システムエンジニア、モバイルアプリ開発エンジニアなどの役立つ資格となっています。

基本情報技術者試験資格も合わせて思っておくと仕事の幅が広がってくると思います。

システムエンジニア、モバイルアプリ開発エンジニアの方は挑戦してみてはいかがでしょうか。