※この記事には広告を含む場合があります。

当サイトの記事には、広告として、アフィリエイトプログラムを使用しています。アフィリエイトによって得られた収益は、より質の高い情報を提供するために当サイトの運営費に充てています。

広告 中小企業診断士 国家資格 資格一覧

中小企業診断士二次試験の合格対策おすすめ勉強法と厳選参考書3選!

中小企業診断士二次試験の対策ってどうすればいいんだろう?」とお悩みのあなたへ!

今回は「中小企業診断士 二次試験 対策 おすすめ」に焦点をあて、合格に必要な情報をお届けします。

この記事を読むことで、以下の悩みが解決できます。

Ryo

解決できる悩み

・二次試験にどんな問題が出るのかわからない

・勉強のやり方がわからない

・どの参考書を使えばいいのかわからない

この記事を読んでいただけると…

得られること

・二次試験で出題される可能性が高い問題の傾向がわかる

・効率的に勉強するためのポイントがわかる

・中小企業診断士二次試験に合格するためのおすすめ参考書がわかる

あなたの合格への近道をお届けします!

関連記事:中小企業診断士はAIによってなくなる?役に立たないという噂は本当?

中小企業診断士試験に関するテキストが無料!?【PR】

あなたが中小企業診断士の受験に合格するために必要な勉強法やノウハウが分かる書籍が、今なら無料で手に入れることができます。

クレアールの中小企業診断士講座に資料請求するだけで、市販の「中小企業診断士勉強法ノウハウ本」が無料で進呈されます。

この本には、最新情報や試験攻略のための「最速合格」ノウハウが詰まっています。

さらに、このオンライン通信講座を受講することで、合格率がアップする方法や、効率的な勉強法を身に付けることができます。

この講座では、以下のような具体的な内容を学ぶことができます。

・過去問題の解説

・出題傾向や対策

・勉強時間の最適化方法

・ポイントのまとめ方

・筆記用具の選び方

中小企業診断士の受験に必要な勉強法やノウハウを手に入れるために、クレアールの中小企業診断士講座に資料請求してみましょう。

無料で市販の「中小企業診断士 ブックプレゼント」がもらえますし、講座を受講することで合格に必要な情報や技術を身に付けることができます。

絶好のチャンスをお見逃しなく!

「中小企業診断士勉強法ノウハウ本」が無料で進呈

資料請求して無料で貰う

合わせて読みたい

いつから中小企業診断士二次試験対策は始めるべき?

中小企業診断士の二次試験に対策をする際には、一次試験と並行して勉強することが重要です。

二次試験は一次試験よりも難易度が高く、また相対評価試験であり、上位20%しか合格できません。

そのため、一次試験後から二次試験までの期間は約3カ月弱しかありません。

さらに、二次試験には複数年受験生が多く、勉強時間の違いも大きく影響します。

そのため、一次試験合格後に二次試験対策を開始するとやや厳しい状況になることが予想されます。

ただし、一次試験が不合格であれば、二次試験対策は本末転倒です。

Ryo

そこで、二次試験の設問を把握し、一次試験と二次試験を効率的に関連付けることが大切です。

具体的には、二次試験での問われ方をイメージしながら、一次試験を学習することが効果的です。

これにより、二次合格率が高まることが期待されます。

何度も言いますが中小企業診断士の二次試験に合格するためには、一次試験と並行して対策をすることが必要です。

一次試験合格後に二次試験対策を始めると時間的に厳しいため、二次試験の設問を把握しながら一次試験と二次試験を効率的に関連付けることが大切です。

この方法により、二次合格率が上がることが期待されます。

関連記事:中小企業診断士の年収UPに必要なスキルは?年代別の平均年収から探る成功のポイント

中小企業診断士 二次試験で試される能力とは?

中小企業診断士となるのに必要な応用能力を有するかどうかを判定することを目的とし、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例並びに助言に関する能力について、短答式又は論文式による筆記及び口述の方法により行います。

令和3年度中小企業診断士第2次試験案内・申込書より

引用文よりわかることは、中小企業診断士の二次試験は、診断士として必要な応用力を判定するための試験です。

つまり、以下の能力が重要となります。

必要な能力

・読解力

・論理的思考力

・文章表現力

上記の3つの能力が必要となってきます。

二次試験は、実務の事例について短答式または論文式による筆記試験を行います。

4つの事例について、それぞれ80分で解答した内容を確認して、診断士に必要な応用力を持った人物かどうかを判定します。

重要なポイント4つ

中小企業診断士の二次試験は、診断士として必要な応用力を判定するための試験

読解力、論理的思考力、文章表現力の3つの力が必要。

ペーパーテストなので、解答力を養うことが重要。

過去の問題集を使って、応用力を養う。

具体的には、文章を読んで、考えて、解答を執筆することにより、応用力をアピールする必要があります。

そのため、読解力、論理的思考力、文章表現力の3つの力が必要になってくるのです。

二次試験では、実務の事例に対して解答するため、診断や助言をするわけではありません。

あくまでペーパーテストであり、文章を読んで、考えて、解答を執筆することにより、応用力をアピールする必要があります。

そのため、過去の問題集などを使って、解答力を養うことが重要です。

関連記事:中小企業診断士は年収1,000万円を超える?現実は?

中小企業診断士 二次試験の構成について

二次試験は、以下の2点から構成されます。

・ 与件文 事例企業の状況を説明した問題文。2,000~3,000文字程度。補足データとして図や表 が付属する場合がある(事例Ⅳの場合は、補足データは必ず添付される)
・ 設問 20文字~200文字で解答させる設問が6~8個程度出題される。トータルで解答すべき文 字数は600~900文字前後。 

二次試験では、与件文を読み込み、600字~900字程度の解答を記述する必要があります。

しかも、与件文は最大3,000文字前後にもなる長文であり、制限時間の80分以内にすべての解答欄を埋めなければなりません。

つまり、ゆっくりと考える時間はありません。

しかし、反射的に解答の方向性が思い浮かばなければ、精度の高い解答を導き出すことは難しいでしょう。

そのため、正しい対策方法をマスターし、反復演習によって、解答スピードを向上させることが必要不可欠です。

具体的には、以下のような対策が考えられます。

具体的対策

・ 二次試験で求められる能力を理解する

・ 与件文の読解能力を向上させる

・ 論理的思考力を養う

・ 解答の文章表現力を高める

これらの対策をしっかりと行い、反復演習を繰り返すことで、二次試験を突破するためのスキルを磨くことが重要です。

関連記事:2023年度版中小企業診断士テキスト・過去問のおすすめは?

中小企業診断士 二次試験対策の6つの施策

中小企業診断士 二次試験対策の施策は、次のとおりです。

二次試験対策6つの施策

1・企業の方向性を決めるために、企業戦略の策定プロセスを使う。

2・自分なりの解答の手順を作る。

3・出題形式に慣れる。

4・全体として、矛盾しないように統一された考え方を持つ。

5・二次試験で必要な基礎知識を押さえておく。

6・定型句や言葉の言い換えのバリエーションを覚えておく。

施策①企業の方向性を決めるために、企業戦略の策定プロセスを使う。

「経営戦略の策定プロセス」は、二次試験における必須ツールと言えます。

実際の経営コンサルティングでは、他にも多くの戦略策定ツールが存在しますが、中小企業診断士試験ではこのツールが使われます。

二次試験での合格を目指す場合、オーソドックスな戦略をベースにした解答を提出する必要があります。

採点者が期待するのは、独創的な戦略ではなく、オーソドックスな戦略です。

※大切なのは、創意やアイデアではなく、ルールや論理に従って、丁寧に答えを書くことです。
だからこそ、「経営戦略の策定プロセス」を使うことが必要
になるのです。

経営戦略の策定プロセスとは?

戦略策定の基本的なプロセスは、以下の図のようになります。しかし、戦略策定は必ずしも矢印の流れに沿って、一方向に進むわけではありません。各プロセスにおいて、仮説・検証を繰り返し、ときには前のステップに戻り見直すこともあります。

引用元:戦略策定の基本プロセスについて
経営戦略の策定プロセス
出典:グロービス経営大学院:経営戦略とは?~基本や流れ、優れた戦略事例まで~

施策② 自分なりの解答の手順を作る。【PR】

中小企業診断士の二次試験において、解答手順を確立することが合格の条件となります。

まずは、受験校の通学講座や通信講座の解答手順を徹底的にマスターしましょう。

中小企業診断士の二次試験には模範解答がないため、受験校ごとに独自解釈があることが予想されます。

そのため、自分が受講している講座の解答手順をマスターすることが最も効果的です。

また、色々な講座やテキストの解答手順をつまみ食いすることは避け、どれか1つの解答手順をマスターし、残りの時間は過去問演習に使うことをおすすめします。

解答手順の選択に迷っている場合は、無料で入手できる「中小企業診断士 加速合格法」PDF小冊子に書かれている「ロジックマップ」の解答手順がおすすめです。

中小企業診断士 加速合格法

この小冊子には、解答の流れがシンプルにまとめられており、与件文から問題の指示や条件を確認して、解答文を記述する手順を明確に示しています。

ただし、与件文以外の材料を持ってくることや問題の指示や条件に従わないことは禁止されています。

これらのルールを順守すれば、解答のレベルが驚くほど上がります。

解答手順に自信が持てない場合は、この小冊子を試してみると良いでしょう。

今すぐ無料でPDFを手に入れる

メルアドを登録するだけで簡単にget!

施策③ 出題形式に慣れる

「経営戦略の策定プロセス」と「自分なりの解答手順」を理解しただけでは、まだ不十分です。

実際に過去問演習を繰り返し、解答精度の向上と解答時間の短縮化を図ることが必要です。

なぜなら、知識と実践の間には大きな隔たりがあるからです。

過去問の出題形式に慣れることで、試験本番での緊張感を和らげることができます。

また、演習を通じて、策定プロセス&解答手順を血肉にしていくことができます。

具体的には、以下のようなことが挙げられます。

・過去問演習を繰り返し、出題形式に慣れる

・解答手順を自分のものにするために、演習を重ねる

・解答精度の向上と解答時間の短縮化を図る

以上のことから、過去問演習を繰り返すことが、二次試験合格への最短距離であることが分かります。

あなたも、演習を通じて解答スキルを磨き、二次試験合格への道を切り拓いてください。

施策④ 全体として、矛盾しないように統一された考え方を持つ。

中小企業診断士の二次試験では、実務に関する事例を解答することが求められます。

各設問に対する解答は、「(架空の)事例企業に対する診断と助言を構成するもの」という大前提があります。

そのため、設問ごとに解答内容が一貫性があることが重要であり、バラバラにならないよう注意が必要です。

具体的には、設問の解答が統一された方向性(世界観)を構成しているかを確認すること

Ryo

統一された方向性は、「経営戦略の策定プロセス」を適切に実施することで確保できます。

方向性がバラバラになってしまう場合は、「経営戦略の策定プロセス」を繰り返し演習することで改善することができます。

結果的に、統一された方向性を持つ解答を作成し、高い解答精度と時間短縮が実現できます。

施策⑤ 二次試験で必要な一次試験の知識を押さえておく

「一次試験で学習した知識は、二次試験で限定的に活用されます」ということが言えます。

具体的には、二次試験では実務における事例に対しての診断や助言が求められます。

そのため、事例に応じた知識が必要になります。

これについては、「事例別攻略法」の記事を追加予定です。

施策⑥ 定型句や言葉の言い換えのバリエーションを覚えておく

「よく使われる言い回し」や「用語のパターン」を押さえておくことは、解答時間の短縮に繋がります。

例えば、「プロモーション」という表現を「販促」とすることで、5文字の節約ができます。

また、用語のパターンを幾つか知っているだけでも文字数の節約ができます。

二次試験の中で、事例Ⅳについては、他の対策や勉強方法とは異なる準備が必要

事例Ⅰ~事例Ⅲは、主に事例ごとに異なる解答方針が求められますが、事例Ⅳは財務・会計の計算問題が中心で、一次試験の延長のような問題が出題されます。

そのため、財務・会計に対する理解を深めることが合格への近道です。

具体的には、次のような理由があります。

具体的理由

1・財務・会計の計算問題は、正確に解けば確実に得点が得られるから

2・事例Ⅰ~事例Ⅲと比べて、財務・会計の計算問題は、学習時間と得点が比例しやすいから

そのため、時間の使い方次第で、多くの得点を獲得できます。

ですから、合格を目指すあなたは、一次試験の段階から、財務・会計の理解を深め、計算問題の解き方をマスターすることをおすすめします。

関連記事:中小企業診断士試験 難易度高い科目は?合格に必要な偏差値と戦略とは?

中小企業診断士の二次試験に備えるためには、過去問をしっかりと繰り返し解くことが大切

過去問を解くことで、出題形式に慣れることができます。

中小企業診断士二次試験の問題は非常に品質が高く、本試験の過去問にかなうものはありません。

試験委員が何カ月もかけて作る問題なので、その道の専門家によって作成されています。

事例の数に関しては、5年分の事例を3回転解くという目安があります。

1年につき4事例で、合計20事例です。

この20事例を3回転解けば、のべ60事例となります。

このボリュームを真剣に解けば、合格するための力を十分に身につけることができるでしょう。

中小企業診断士 二次試験の勉強時間は?

二次試験の勉強には、200時間程度の学習時間が必要です。

これにより、60事例を3回転することができます。

1つの事例あたりに必要な時間は3.3時間で、80分で問題を解き、残り120分で解説を読んで振り返ります。

ただし、ストレート合格を目指す場合は、一次試験合格後に勉強を始めるのは遅すぎるかもしれません。

一次試験の合格発表から二次試験までの約7週間では、1日平均4時間の勉強時間が必要であり、仕事をしながらそれを確保するのは困難です。

おすすめは、一次試験の進捗状況を見ながら、過去3年分程度(1回転目)を一次試験と並行して勉強しておくこと。

一次試験に合格しなければ、二次試験の勉強は不要ですので、適切に判断してください。

中小企業診断士二次試験対策おすすめテキスト・過去問3選【PR】

早速、中小企業診断士二次試験対策のテキスト・過去問教材3つを紹介します。

ふぞろいな合格答案10年データブック

created by Rinker
¥4,950 (2024/04/21 02:25:11時点 Amazon調べ-詳細)

まず最初のおすすめは、「ふぞろいな合格答案10年データブック」です。

「10年データブック」という書籍は、中小企業診断士二次試験合格者の再現答案を集めたもので、長年受験生から人気があります。

特に、2008年から2017年までの10年分の二次試験の問題と答案分析データ、模範解答がまとめられており、おすすめです。

これを使うことで、過去の問題傾向を把握し、自分の弱点を克服するための効果的な勉強ができます。

「ふぞろいな合格答案」と予備校の過去問教材との違い

ふぞろいな合格答案10年データブック」は、中小企業診断士二次試験合格者の答案を集めた書籍

合格者が80分という限られた時間でどのように事例文を読み、設問を解釈し、回答をまとめたかがわかるため、受験生にとって非常に役立つ教材です。

予備校の過去問模範解答は時間をかけてまとめられたものであるため、試験本番で同じ回答を書くのは不可能です。

一方、「ふぞろいな合格答案10年データブック」には、ストレート一発合格者から10年以上にわたって挑み続けて合格した人まで、さまざまな合格者が執筆しており、自分と似たレベルのモデル合格者を探し、同等の回答・文章を書けることを目安として活用することをおすすめします。

独学や予備校通学、通信生問わず、二次試験対策に必須の教材です。

created by Rinker
¥4,950 (2024/04/21 02:25:11時点 Amazon調べ-詳細)

中小企業診断士 最短合格のための第二次試験過去問題集

おすすめ2つ目は、「中小企業診断士 最短合格のための第二次試験過去問題集」です。

この教材は、直近5年分の中小企業診断士二次試験過去問題集であり、予備校の過去問教材が完全に不要かというわけではありません。

なぜなら、予備校の過去問教材もあなたの対策に有効な方法を提供してくれるからです。

例えば、以下のような活用方法があります。

まず、予備校の過去問教材を使って、二次試験の出題傾向をつかみます。

そして、その傾向に沿って、「ふぞろいな合格答案10年データブック」で実戦演習を行うことができます。

このように、予備校の過去問教材と「ふぞろいな合格答案10年データブック」を併用することで、あなたの二次試験対策がより効果的になると思われます。

つまり、「ふぞろいな合格答案10年データブック」と予備校の過去問教材は、あなたの二次試験対策において、互いに補完的な役割を果たすことができます。

そのため、どちらか片方だけではなく両方の教材を有効に活用することが望ましいと言えます。

結局のところ、中小企業診断士二次試験を受験するあなたにとって、過去問は欠かせない重要な教材であることは間違いありません。

そのため、「ふぞろいな合格答案10年データブック」と予備校の過去問教材の両方を上手に活用し、充実した二次試験対策を行うようにしてください。

以上が、予備校の過去問教材と「ふぞろいな合格答案10年データブック」を使った効果的な活用方法についての説明です。

予備校の過去問は回答そのものより「回答までのプロセス」が重要

予備校の過去問教材は、模範解答そのものよりも、回答を導くための手がかり探しに価値があると言えます。

予備校講師陣が時間と労力をかけまとめた回答には価値があるため、模範解答を見ることで、事例文の記述に着目すべきか、着目した記述をどのように解釈するか、企業の問題点・課題点をどのようにあぶりだすかといった手がかりを見つけることができます。

模範回答自体は腑に落ちないこともありますが、事例文の解釈に新たな気づきを得られることが多いという点がポイントです。

予備校の過去問教材は、最新5年分が掲載されており、掲載年度もかさならないため、各々切り分けて活用することができます。

1ポイントメモ

テキスト名   : 中小企業診断士 最短合格のための第二次試験過去問題集

おすすめ対象者 : 診断士二次試験を受験する全員

勉強法    : 模範解答そのものよりも、事例のどの部分に着目したのか、そして着目箇所をどう解釈したのかを参考にする。着目した記述は、事例企業にとっての「強み」であるのか、それとも「弱み」なのか?などを予備校の過去問解説を読み、解釈力を高める。

中小企業診断士 集中特訓 財務・会計 計算問題集【PR】

最後は、「中小企業診断士 集中特訓 財務・会計 計算問題集」です。

この教材は、診断士試験の二次試験対策に特化したもので、財務会計と事例4の強化に力を入れています。

2部構成になっており、第1部では一次試験の分野別択一問題が分類されています。

そして、第2部では二次試験の事例4問題を演習することができます。

診断士試験では、二次試験の財務会計科目(事例4)の点数が合否に大きく影響するため、あなたが得意にしている分野で高得点を狙うことが合格への近道です。

財務会計を「苦手じゃない状態」にするために

財務会計が苦手なあなたは、最低限でも「苦手じゃない状態」に持ってくる必要があります。

そのためには、演習問題を解くために毎日60分を確保することが大切です。

財務会計は、一度定着しても、演習を怠ると感覚が鈍り、解けたはずの問題が解けなくなることがあります。

特に二次試験の財務会計は、一次の択一式と異なり、電卓を使って指示通り回答用紙に記述する必要があります。

正確かつ迅速な計算力が求められます。

したがって、毎日継続して問題演習を行い、推奨教材を4-5周くり返すことで、確実な実力が身につきます。

推奨教材は、『中小企業診断士 集中特訓 財務・会計 計算問題集』です。

これを使い、毎日60分以上の問題演習を継続することで、財務会計の対応力を向上させることができます。

財務会計を徹底的にやり込んで、他の受験生よりも半歩、抜きんでる実力を身につけてください。

中小企業診断士二次試験独学向けの科目別おすすめなテキスト・参考書【PR】

中小企業診断士の二次試験には、各科目の重鎮と呼ばれる先生方が存在します。

これらの先生方の著書を読むことで、科目ごとの基本的な考え方を知ることができます。

これにより、設問や与件、解答の意図を正しく理解し、試験対策に有利になることがあります。

例えば、以下のような重鎮の先生方がいます。

重鎮の先生方

・組織・人事(事例1):岩崎尚人先生

・マーケティング・流通(事例2):岩崎邦彦先生

・生産管理・技術(事例3):小川正博先生

・財務・会計(事例4):大塚宗春先生

あなたが受験する科目に応じて、それぞれの先生方の著書を参考にすると良いでしょう。

結論として、重鎮の先生方の著書を読むことで、試験対策に役立つ知識を身につけることができます。

事例1(組織・人事)におすすめ経営をしっかり理解する (実務入門)

created by Rinker
¥2,520 (2024/04/20 16:10:08時点 Amazon調べ-詳細)

中小企業診断士二次試験の組織・人事(事例Ⅰ)においては、重鎮の岩崎尚人先生の著書「経営をしっかり理解する」が必読です。

この書籍は経営学を扱っているものの、組織・人事に関する貴重な情報が含まれています。

岩崎尚人先生の考え方を知ることで、組織・人事の問題に直面した際に、解答作成の手掛かりになるでしょう。

また、空き時間に読書を通じて見識を広げることもできます。

この書籍を読むことで得られるポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 岩崎尚人先生の考え方を知ることが、組織・人事で困った時に、解答作成のよりどころになることがある。
  • 読書を通じて見識を広げることができる。

事例2(マーケティング・流通)におすすめなスモールビジネス・マーケティング

中小企業診断士の事例Ⅱ(マーケティング・流通)における重鎮である岩崎邦彦先生の著書「スモールビジネス・マーケティング」は、二次試験で活用できる知識の幅を広げるために必読です。

この本は、経営資源が少ない中小企業が効果的なマーケティング戦略を実行するための方法を詳しく解説しています。

それゆえ、あなたが二次試験の事例Ⅱに備えているなら、この本を読むことは必要不可欠です。

また、岩崎邦彦先生は他にも著書を出していますが、この「スモールビジネス・マーケティング」さえ読んでおけば十分です。

ポイント

・中小企業がマーケティング戦略を実行する方法を学べる

・他の著書を読まなくても、この本を読むだけで問題ない

事例3(生産管理・技術)におすすめ北海道の企業−ビジネスをケースで学ぶシリーズ

中小企業診断士二次試験の生産管理・技術(事例Ⅲ)では、小川正博さんの著書「北海道の企業ビジネスをケースで学ぶシリーズ」が重要な参考書となります。

このシリーズ本には、トルク精密工業やホクビーなどのモデル企業が取り上げられており、これらの分析は二次試験での得点アップにつながります。

また、今後出題されるかもしれない事例企業にも役立つ知識を習得することができます。

ポイント

・取り扱われた2社の分析は、生産管理・技術において得点を獲得するための重要なヒントとなる

・シリーズ本には、今後出題されるかもしれない事例企業についても役立つ知識がある

事例4(財務・会計)におすすめイケカコ(意思決定講義ノート

中小企業診断士二次試験の財務・会計(事例Ⅳ)において、重鎮として知られる大塚宗春先生の著書「イケカコ(意思決定講義ノート)」は必読書です。

ファイナンス分野での出題頻度が高い財務・会計(事例Ⅳ)において、意思決定に必要な論点を網羅しているため、二次試験対策には欠かせません。具体的には、企業価値や設備投資の経済性計算などが含まれています。

また、これまでの二次試験に出題された問題を網羅しているため、実際の出題傾向を理解するためにも役立ちます。

しかし、イケカコ(意思決定講義ノート)はかなり難しめのテキスト(問題集)であるため、時間に余裕がある人にこそおすすめできます。

ポイント

イケカコ(意思決定講義ノート)」は、二次試験の財務・会計(事例4)で求められる論点を網羅しているため、必読書である

ただし、かなり難しい内容のため、時間に余裕がある人にこそおすすめできる

中小企業診断士試験が難しい!独学では無理と感じた人は…

中小企業診断士は、合格率4%の難関資格であり、テキストだけを頼りに内容を理解する必要があるため、独学合格は困難です。

そのため、通信講座を利用することは有効な手段です。

中学や高校の時に難関大学を目指す場合と同じように、向き不向きが存在し、自分には独学合格が無理だと感じた場合は、通信講座を選択することをおすすめします。

ポイント

・中小企業診断士は、合格率4%の難関資格であり、テキストだけを頼りに内容を理解する必要があるため、独学合格は困難である。

・向き不向きが存在し、独学合格が無理だと感じた場合は、通信講座を選択することをおすすめする。

中小企業診断士二次試験対策でおすすめな通信講座ランキングもあります。

最短合格可能!? 比較の軸別 中小企業診断士通信講座おすすめ予備校ランキング」で実際に確認してみてください。

Ryo

まとめ

中小企業診断士の合格率は4%と非常に難関な資格です。

しかも、試験内容はテキストに書いてある文字情報だけを頼りに、理解する必要があるため、独学での合格はハードルが高いといえます。

そのため、独学で合格を目指すのが無理だと感じた場合は、通信講座を選ぶのが有効な手段です。

通信講座は、テキストだけでなく、模擬試験や講義動画など様々な教材が提供されるため、より効率的に勉強を進めることができます。

また、講師からのアドバイスや質問にも対応してもらえるため、不安な点を解消できるというメリットもあります。

特に、中小企業診断士の二次試験においては、各分野の重鎮たちが著書を出版しており、その参考書を読むことが合格の近道となります。

例えば、組織・人事について触れた「経営をしっかり理解する」や、財務・会計に特化した「イケカコ(意思決定講義ノート)」などが挙げられます。

通信講座を利用することで、様々な教材を活用しながら効率的に勉強を進めることができ、その結果、合格率4%の中小企業診断士試験に合格する可能性が高まります。

次の行動としては、通信講座を選び、各分野の重鎮たちが執筆した参考書を手に取り、着実に合格に近づいていくことが大切です。

よく読まれている記事一覧

アガルート 悪い 評判 1

Googleで「アガルートアカデミー」を検索すると、以下のワードがヒットすることも事実です。 「アガルート ひどい」という関連ワードからは、ポジティブな情報は伝わってきません。 しかし、これが本当なの ...

中小企業診断士 通信講座 比較 2

比較内容 スマホ動画 料金の安さ サポート、アフターサービスの内容 独自サービス テキスト・授業の質、わかりやすさ 2次試験の合格率の高さ 合格実績 総合評価ランキング 第1位アガルート 第2位診断士 ...

アガルート 中小企業診断士講座 比較 診断士ゼミナール 3

「アガルート」と「診断士ゼミナール」は、コスパが非常に良い通信講座として知られています。 しかし、中小企業診断士の通信講座を選ぼうとしている人の中には、この2つの講座のどちらを選ぶべきか迷っている人も ...

アガルート ひどい 評判 4

アガルートの講座を受講を検討されてる方の不安解消に少しでも役立てば幸いです。 また、記事の後半に「大切なこと」を体験した人から意見を頂戴していますので、是非参考にしてください! インタビューに答えてく ...

CPA会計学院 公認会計士講座 合格率 5

と発表があり、合格者の最低年齢は17歳! また、合格者の平均年齢は24.5歳と若い世代で国家資格の公認会計士試験に合格しちゃったら と思われ一瞬で周りの目が変わっちゃいますね。 そんな公認会計士試験平 ...

毒物劇物取扱責任者 試験 合格率 テキスト 6

毒物劇物取扱者・毒物劇物取扱責任者試験の特徴 毒物劇物取扱責任者の試験の最大の特徴は都道府県によって試験内容が異なるということです。 毒物劇物取扱者・毒物劇物取扱責任者試験の概要・合格率は以下の記事に ...

消防士 なるには? 7

おすすめ「公務員【消防士向け】予備校」は、以下になります。 ランキング 予備校 第1位 LEC 第2位 資格の大原 第3位 EYE公務員試験予備校 第4位 クレアール 第5位 資格の大栄 上記ランキン ...