登録販売者資格 ぶっちゃけ知らないと損する!独学でも合格できます!けど…

登録販売者資格 ぶっちゃけ知らないと損する!独学でも合格できます!けど…




登録販売者資格って国家資格だけど簡単!?独学でも余裕で合格できる!簡単だったら高い通信講座払いたくない!って思いますよね。

しかし、ぶっちゃけ独学だと登録販売者に合格してもいざ実務になると、「えっ!?本当に資格持ってるの?」ってまわりの人に思われてしまう人も少なくないのが現状です。

その理由をふまえて独学で受験する、もしくは通信講座を受講して受験するを決めるのは、あなたです。

本記事でわかる事。
  • 登録販売者の独学がぶっちゃけ
  • 登録販売者独学勉強法
  • 登録販売者おすすめ通信講座
  • 登録販売者とは?
  • 登録販売者試験合格率
  • 登録販売者試験概要

上記の内容について解説していきます。


登録販売者の独学がぶっちゃけNGの理由


登録販売者は独学でも受かる試験です。

ですが、独学はあまりおすすめしていません。

なぜなら、独学で勉強した登録販売者は、知識不足でお客様の接客が不十分になるからです。

独学NG理由:理解が深まらない

登録販売者はかなり特殊なスキルです。
医療用語も多く、日常では使わない漢字も多くあります。

やはり、登録販売者は、薬のスペシャリスト。

登録販売者でも、漢方薬が読めなかったりするのです。
独学で何となくの字面で覚えた人は、こういうところが非常に弱い。

登録販売者を独学すると、

  • 合格はしたけど、理解が浅い
  • 合格はしたけど、面白さがわからない
  • 合格はしたけど、登録販売者が嫌い

といったことが起こりやすいのです。
せっかく勉強を始めたのに、入り口でつまづくなんて、もったいないと思いませんか?

独学は、理解をともなわない知識の詰め込みになりかねないので、おすすめできません。

独学NG理由:実務で使えない

独学で学んだ登録販売者の知識は、実務で使えないケースが多いです。

実際、売り場にいると、登録販売者なのに「あれ、この人、効能とか全然わかってないな…」という人に、出会います。

こういう人は、独学で登録販売者を学んだ人達です。

※よく分かってるな、という人はまるで「テキストのように」同僚やお客様に的確な説明ができてます。

登録販売者でも、全然わかっていない状態の人はいます。

そんな人はそもそも試験を

  • カンや運
  • 独自の理解
  • 丸暗記

などで乗り切ってしまっているので、実務で使えないのは当然です。

結局、独学で得た登録販売者知識は

  • 理解が浅く
  • 実務でも使えない
  • 店長の評価も得られない

可能性が高く、役に立ちにくいのです。

※独学で理解の深い人も、中にはいます。あくまで可能性の問題です。

独学NG理由:出世が遠のく

独学で登録販売者学んでも、知識が浅ければ出世しにくいのもNGポイント。

本来であれば、登録販売者は

  • 店舗管理者
  • 店長
  • 漢方薬局の開業

など、ステップアップも可能になるはずです。

ところが、「理解が深まらない」でも見た通り、独学で学ぶと

  • 勉強中につまずきを感じる
  • わからないところが、理解できないまま合格している
  • 接客がうまくいかず、登販の仕事を嫌いになってしまう

といった可能性が高まります。


独学にAmazon Kindle Unlimitedをおすすめする理由


Amazon Kindle Unlimited」はKindleを定額で読み放題できるサービスです。

料金は月額980円(税込み)で同時に10冊まで借りれます。

また、30日間は無料体験として利用できます。

Kindle端末を購入しなくとも専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでもKindle本を読めます。

Kindle Unlimited対象の本数は200万冊以上

手元に置いとかなくても良いかな…

けど、ちょっと気になるけど、買うのはもったいないって思った人におすすめです。


登録販売者独学勉強法


登録販売者試験NG理由をふまえて独学チャレンジする方は、是非参考にしてください。

登録販売者は、きちんと取り組めば独学でも受かる試験です。
実際、受験者の多くは独学だという話もあります。

「楽勝」「カンタン」ではありませんが、正しい取り組み方をすれば誰でも合格できる難易度です。

登録販売者独学おすすめテキスト

独学で登録販売者をねらうなら、良い教材を準備することが大切です。

登録販売者の教材は良いものもたくさんありますが、「(´・ω`・)エッ?」と思うようなクオリティの教材も無いわけではありません。
こういうモノを確実に避けることが重要です。

ここでは、おすすめのテキストを1冊ご紹介しておきます。

登録販売者独学勉強法

まずは「テキスト」を1度、サッと流す程度に、やりましょう。

  • 全部わからなくて当たり前
  • 解けない問題があって当たり前
  • 暗記できなくて当たり前

とにかく、サッと進めて、最後までたどりつくことが目標です。

登録販売者独学勉強法:過去問を解く

テキストを読んだら、とにかく過去問と向き合います。
習うより、回数をこなして慣れることが最優先

  • わからなくても、2~3分考える
  • ムリだった場合は、答えを見て書きうつす

この方法で、どんどん進めて下さい。

試験に受かるためには、徹底的に過去問を知ることが重要です。
わからなくても投げ出さず、問題を解くことが重要です。

登録販売者独学勉強法:過去問を実践形式で解く

仕上げは、実践形式での練習です。こちらも過去問を使います。

大切なのは以下の2つ。

大切な事。
  • 時間を測り、4時間(4時間)必死で取り組む
  • 間違えた問題は、復習と解き直しを必ず行う

おすすめはこちらの過去問題集。
きっちり理解できるまで繰り返せば、合格はほぼ確実です。

created by Rinker
¥2,200 (2022/06/25 09:20:22時点 Amazon調べ-詳細)



登録販売者おすすめ通信講座


単純に、通信講座を利用して勉強するのが◎

「普通の通信講座だと金額を考えると…ちょっと…」
って悩む方もいるかと思います。

できる限り独学に近い料金で、独学より登録販売者の知識を深めたい!って思いますよね。

そこで私がおすすめする通信講座は、スタディング
です。

通信講座のパンフレットには、合格者の声など、ネットでは手に入らない良質な情報が含まれているので、是非請求してみて下さい。

スタディング
「要点を的確に押さえたテキスト」で、仕事をしながらでもムリなくムダなく学べる特徴があり、そのスタイルは、とにかく効率的です。

科学的に解析され、厳選された超効率的な学習法で、時間・価格両面でのコスパが最高。

  • 効率よく学習したい
  • 幅広い知識を身につけたい
  • 疑問はすぐに解決したい

という人に向いています。
重要なポイントを、しっかり理解して、「満点」でなくても確実に「合格」をねらうイメージです。

こういうちょっとした利便性が、合格と挫折を分けたりするのです。





登録販売者とは?


登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで、かぜ薬や鎮痛剤などの副作用のリスクが低い一般用医薬品の販売ができる医薬品販売専門の医療系国家資格です。

副作用のリスクが高い第1類医薬品は、薬剤師でないと販売ができません。

そのため、これまでは薬剤師不足によりドラッグストアで満足に値引き販売ができませんでした。

一般用医薬品のうち、登録販売者が販売できる第2類・第3類医薬品の割合は9割以上あり、登録販売者は、薬剤師不足を補う人材として、薬局やドラッグストアで大きな戦力となっています。


登録販売者試験合格率


登録販売者試験の受験者と合格率は以下になります。

実施年受験者数合格者数合格率
2020年52,959人21,952人41.5%
2019年65,288人28,328人43.4%
2018年65,436人26,996人41.3%
2017年62,126人26,606人42.8%
2016年53,346人23,321人43.7%



登録販売者試験概要

登録販売者試験概要は、以下になります。

登録販売者
試験概要
ホームページ・
受験申込・問合せ
公益社団法人
全日本医薬品登録販売者協会
受験資格制限なし
願書申込み
受付期間
各都道府県により異なります。
詳しくは各都道府県薬務課まで
受験料(税込み)各都道府県により異なります。
13,000円~18,100円(収入証紙)
試験内容1. 医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問/40分)

① 医薬品概論
② 医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因
③ 適切な医薬品選択と受診勧奨
④ 薬害の歴史

2. 人体の働きと医薬品(20問/40分)

① 人体の構造と働き
② 薬の働く仕組み
③ 症状からみた主な副作用

3. 主な医薬品とその作用(40問/80分)

① 精神神経に作用する薬
② 呼吸器官に作用する薬
③ 胃腸に作用する薬
④ 心臓などの器官や血液に作用する薬
⑤ 排泄に関わる部位に作用する薬
⑥ 婦人薬
⑦ アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む)
⑧ 鼻に用いる薬
⑨ 眼科用薬
⑩ 皮膚に用いる薬
⑪ 歯や口中に用いる薬
⑫ 禁煙補助剤
⑬ 滋養強壮保健薬
⑭ 漢方処方製剤・生薬製剤
⑮ 公衆衛生用薬
⑯ 一般用検査薬

4. 薬事関係法規・制度(20問/40分)

① 薬事法の目的
② 医薬品の分類・取扱い等
③ 医薬品の販売業の許可
④ 医薬品販売に関する法令遵守

5. 医薬品の適正使用・安全対策(20問/40分)

① 医薬品の適正使用情報
② 医薬品の安全対策
③ 医薬品の副作用等による健康被害の救済
④ 一般用医薬品に関する主な安全対策
⑤ 医薬品の適正使用のための啓発活動

身体上の障害等に係る
特別措置について
視覚、聴覚、音声機能若しくは言語機能に障害を
有する者で受験を希望する者は、受験申し込み前の
指定された日までに試験地を管轄する各都道府県の
専用相談窓口へ申し出ることで、受験の際に
その障害の状態に応じて必要な配慮を講じてもらえます。
(障害者手帳、医師の診断書等が必要)
試験日程年1回以上実施。各都道府県により異なります。
詳しくは各都道府県薬務課まで
受験地全国各地
合格基準以下全ての基準を満たした者が、合格となります。

  • 総得点のおおよそ70%以上の得点率
  • 実地問題のおおよそ35%以上の得点率



まとめ

登録販売者試験は、独学で受かると思うけど、おすすめしません!

  • 登録販売者は、独学でも受かる
  • しかし、独学はおすすめしない
  • 独学の登録販売者は「実務で使えない」可能性が高いから

お客様から説明不足な人と思われて、勉強し直したくない人は、ぜひはじめから通信講座を活用して下さい。
資格が趣味で、なんとなく学びたいという人は独学でも良いかもしれないですけどね。

登録販売者は、薬のプロフェッショナル。
何事もはじめが肝心です。
基礎の理解をしっかり固めて、ぜひ「使える」知識を手に入れてください。


関連記事