公認会計士のメリット読んで無料請求!けど○○の方は諦めてください。

自由な環境、ストレスフリーに近い状態で仕事したいって思ったあなたは、今すぐ行動しましょ。

公認会計士試験CPAは35%の合格率

CPA会計学院は約50年会計士専門学校として開講し、これまでにもたくさん公認会計士試験合格者をうみだしています。

2021年度 合格者数 510名全体合格者数 1360名
詳しくは公式ホームページでご確認ください。

本記事では、公認会計士になるメリットと公認会計士を目指すならCPA会計学院が1番だということを徹底解説していきます。



公認会計士になるには?

公認会計士になるには?
公認会計士は、「会計監査のプロフェッショナル」とも呼ばれても過言ではない日本国内最高峰の国家資格です。

非常に難易度が高く、資格の中でも難しいとされています。

平均合格率が約10%の公認会計士試験で、CPAは35%の合格率ということは合格させるノウハウは業界屈指です。

公認会計士試験CPAは35%の合格率

公認会計士になるには、以下の記事で詳しく解説しています。

公認会計士を目指す前にすべきこと

公認会計士を目指す前にすべきこと
公認会計士に興味あるかも!という方は、まずは

  • 簿記3級の勉強を始める
  • 公認会計士の勉強姿勢や試験を知る

という2つのステップから始めましょう。

「なんでこの2つから始めるの?」と思いましたよね、それぞれ簡単に説明します!

簿記は、公認会計士にとってメインの仕事内容となります。

もし、あなたが簿記の入門ともいえる「簿記3級」の勉強を始めてみて『ニ、ニガテかも…(;’∀’)』って思っちゃった場合は公認会計士に向いてないので諦めましょう。

簿記の勉強なんとかイケるかもって思った方は、次に「公認会計士の勉強姿勢や試験を知る」というステップです。

公認会計士の試験対策の勉強はどんな内容かな?っておもいますよね。

日本最高峰の難易度の国家資格なので、独学で合格する可能性は限りなく0に近いです。

公認会計士を目指す方は、たいてい予備校に通って勉強します。

各予備校無料動画講義は用意されていますが、「要は収録・編集済み」の動画だと理解しやすく加工されてるかもしれませんよね。

じゃ、実際の講義が自分に合ってるかどうか不安になると思います。

  • 簿記3級の勉強を始める
  • 公認会計士の勉強姿勢や試験を知る

という2つのステップを同時に攻略できるのが「CPA会計学院 無料資料請求プログラム 」です。

CPA会計学院 無料資料請求プログラムの内容

  • 公認会計士講座簿記入門Ⅰ(簿記3級相当)の視聴動画とPDFテキスト・問題集
  • 全6回の公認会計士入門講座を無料受講可能

資料無料請求するだけで、簿記3級の講義動画や、問題集、また公認会計士の講義も無料で6回受講できます。

公認会計士の講義は来校して受講でなくても、自宅でライブ中継で受講できますので地方の方でも大丈夫です。

CPA会計学院の公認会計士の講義が自分に合ってるかどうかを無料で確かめる事ができます。

資料を無料請求するだけなので、公認会計士の講義に興味がわいた人は、

公認会計士試験CPAは35%の合格率

公認会計士に目指す前に注意すべきこと

「公認会計士浪人」って言葉をご存知ですか?
もし、あまりしらないようでしたらコチラで解説しています。

公認会計士になる5つのメリット

公認会計士になる5つのメリット

メリット①:年収(給料)が高い

令和3年度に厚生労働省が出している賃金構造基本統計調査によると、20~65歳の公認会計士の平均年収は1,010万円です。

1年目の初任給は500~650万円といわれているので、一般企業の社員と比べるとかなり高いです。

しかし、社会人1年目で550万円くらい稼ぐ人はそこまで珍しくないですよね。

例えば

  • 外資系コンサル・投資銀行
  • 広告
  • 不動産営業
  • 起業家

といった職業でも稼げるんですが、共通しているのはどの職業もストレスをすごく感じるんです。

それに対して公認会計士の仕事って、ストレスが全然ないんですよね。

ストレスフリーってやつです。

会計士の仕事はクライアント先に行ってクライアントの財務書類に目を通してミスを見つけたら指摘するってのがメインの仕事です。

メリット②:社会的地位が確立できる

公認会計士の信用度、信頼度はバツグンです。

たとえば、家や、車を購入するときのローンってありますよね。
一般的な企業に勤めてる方ならおわかりかと思いますが、ローン審査って結構時間かかりますよね…

それが公認会計士の場合だと、一瞬っで審査が通ります

また、非常に羨ましく思いますが…
男性が公認会計士の場合…

「女性からモテまくります。」

モテ要素としては、

  1. 高収入
  2. 安定している
  3. 転勤がない

とコレだけモテ要素が揃っていて、イケメンだと婚活パーティー参加すると女性がわんさか寄ってくること間違いないです。

更にいえば、公認会計士は金髪美女からもモテるかもしれないということです。

ほとんどの公認会計士が最初に勤める4大監査法人はどこもグローバル企業なので、
外国人の方に社名を言っても通じます。

4大監査法人

  • EY(新日本)
  • Delloite(トーマツ)
  • PwC(あらた)
  • KPMG(あずさ)

特にアメリカやヨーロッパの人の認知度は高いので、金髪美女と仲が良くなるのも夢ではありません。

メリット③:職が安定している

公認会計士になれば監査法人に就職できますし、上場企業の経理部や財務部に入ることも簡単です。

いろんな会社に行ける選択肢があるので職に困ることはなく、めちゃくちゃ安定します。

また、外資系会社がクライアントになると英語が話せないと話にならないので、英語をマスターしていく公認会計士も少なくありません。

英語をマスターできると海外に駐在し海外オフィス勤務も可能です。

代表的な海外オフィスは

  • シンガポール
  • ニューヨーク
  • ボストン
  • オランダ
  • ロンドン

メリット④:他の国家資格も付いてくる

公認会計士の資格を取ると税理士資格もついてくるので、税理士としての業務もすることができます。

公認会計士と税理士は専門領域が違いますが、公認会計士は大企業を相手に仕事、税理士は個人や中小企業を相手に仕事をしているイメージです。

また、もれなく行政書士の資格も付いてきます。

ただ、公認会計士から行政書士の業務をメインに仕事をしてる方ってなかなか居ないかと思います。

メリット⑤:選択肢が自由過ぎる

監査法人でもいい、独立してもいい、税理士として働いても良いと高収入が期待できる選択肢もあります。

また、パソコン1台あればできる仕事なので、働き方も自由なところが多く、在宅ワークや時間調整もしやすいです。

ここまで読んで、公認会計士に興味が出てきた方は下記より資料請求してください。

公認会計士試験CPAは35%の合格率

CPA会計学院の公認会計士資料無料請求について

資料無料請求する際は、上記の所にチェックを入れて請求していただくと、公認会計士講座簿記入門Ⅰ(簿記3級相当)の視聴動画とPDFテキスト・問題集を無料でもらえます。(メールで視聴URLが届くのでメアドも忘れずに!!)

公認会計士試験CPAは35%の合格率