土地家屋調査士

「司法書士って聞くけど実際どうやってなれるの?」
「国家試験に合格するだけでイイの?」
「司法書士になるとどんな事ができる?」
実際に「司法書士試験に合格すればいいんでしょ?」と思っていませんか?

本記事でわかる事。
  • 司法書士とは?
  • 司法書士になるには?
  • 試験以外で司法書士になれる?
  • 司法書士の将来性と収入は?
  • 司法書士資格概要

上記の内容について解説していきます。


司法書士とは?


住宅の購入や会社の設立などに際して、各種の登記手続を代行する司法書士。

代行手数料が収入になるほか、法律に関わるさまざまな相談に応じて専門家の助言を提供するのも仕事の一部です。

司法書士は、主に裁判所や法務局、検察庁などの公官庁に提出するための書類を作成する能力を認定する国家資格です。

具体的には、企業や個人から委託を受けて、会社の設立や役員人事、あるいは不動産売買などの際に必要となる各種「登記」を代行します。

2004年からは、司法書士法の改正により、それまで弁護士に独占されていた訴訟代理や法律相談といった業務もできるようになり、仕事の幅が広がっています。