アガルート 予備 試験 費用っていくら?アガルート 予備 試験講座を他社と比較

司法試験に合格すれば法曹三者となる事ができます。

しかし、司法試験を受験するためには2つのルートがあり『法科大学院終了』or『予備試験合格』のどちらかを得なければなりません。

難関国家試験と言われている予備試験の合格率はわずか4%ほどで、その道は狭き門となっているのが現状です。

しかし、予備試験ルートでの司法試験合格率はおよそ90%と驚異の合格率を叩き出しており、例年多くの方が司法試験に合格する事ができています。

そうした司法試験予備校・通信講座のなかで、アガルートの講座が気になってるかたも多いはず。

  • アガルート 予備 試験 費用がいくらくらいかかるのか?
  • また他社とアガルート 予備 試験講座ってどう違うのか?

この記事では、司法試験講座、アガルート 予備 試験 費用や講座の特徴、実際に利用した人の口コミ・評判などを詳しく解説します。

また受講する際の注意点や、他社が提供する司法試験講座との違いも合わせて解説するので参考にしてみてください。


アガルート 司法試験講座の特徴とは?

アガルート 司法試験講座の特徴
アガルート 司法試験講座が他社の講座に比べて、どのような点が優れているのか、解説していきます。。

アガルート司法試験講座の特徴は以下の5つ

  • 司法試験合格者47.8%の高い実績を持つ
  • フルカラーでわかりやすいオリジナルテキスト
  • 受講生の学習を助ける手厚いフォロー
  • 経験・研究に裏付けされた合理的なカリキュラム
  • 学習効率を高める多機能な受講システム

ここでは、アガルートの司法試験講座が持つ5つの特徴について解説していきます。

司法試験合格者占有率47.8%の高い実績を持つ

司法試験対策の予備校・通信講座としては、まだ比較的歴史の浅いアガルートですが、実績はすでにかなりのもの。

令和3年の司法試験において、最終合格者1421名のうち669名がアガルートの講座受講者でした。

司法試験合格者の3人に1人が、アガルートの講座を受講しているということです。

ここ数年の実績に関してだけでいえば、最大手である伊藤塾に次ぐ予備校といえるかもしれません。

フルカラーでわかりやすいオリジナルテキスト

テキストがフルカラーでわかりやすく作られているのも、アガルートの魅力です。

法律の勉強が難しい要因には、聞き慣れない法律用語や難解な言い回しが度々出てくることが挙げられます。

長年にわたって法律の勉強をしてきた人ならまだしも、初学者や法律の知識が浅い人がすんなりと読めなくても不思議ではありません。

そのため、文章だけだと中々内容が理解できず、学習の進捗が停滞しがちです。

しかし、アガルートが受講生に提供するテキストは、色や図表を適宜挿し込んでいるため、視覚的に理解しやすくなっています。

受講生の学習を助ける手厚いフォロー

司法試験に合格するまでの道のりは、非常に長く険しいものとなるため、最後までやり切れずに途中で挫折してしまう受験生も少なくありません。

一般的に司法試験の合格には、1年以上の準備が必要とされています。

それだけ長丁場となれば、ずっと高いモチベーションを維持するのも、一切苦労せずに学習を進めるのもほぼ不可能です。

そうした迷いが生まれたときに道を示してくれるのは講師です。

アガルートでは講座に関する質問は何度も無料で行えますし、初学者向けカリキュラムには毎月1回のカウンセリングがついています。

何か司法試験の勉強で困ったときに、すぐ質問できる環境があるのは大きいといえます。

経験・研究に裏付けされた合理的なカリキュラム

司法試験予備校・通信講座のなかでは、比較的に安価だといわれるアガルートですが、いくらお手頃でも合格できなければ意味がありませんよね。

もちろん、アガルートの司法試験講座はただ金額が安く抑えられているだけでなく、これまでの指導で得た経験や研究の成果がふんだんに盛り込まれたカリキュラムです。

なので、受講生はカリキュラムに沿って勉強を進めていけば、試験合格に必要な知識、ノウハウを身に着けることができます。

学習効率を高める多機能な受講システム

オンラインでの受講でも通学の場合と同等の学習効果が出るよう、アガルートではシステム周りにもこだわっています。

例えば、現在のオンライン講義では搭載されていて当然な倍速機能やマルチデバイス対応はもちろんのこと、テキストの同時表示、音声ダウンロードも可能です。

また講義動画の1チャプターが、10分~20分程度に収まるように構成されています。

勉強時間の確保が難しい社会人や主婦などでも,スキマ時間を有効活用して,無理なく受講することができます。

アガルート 予備 試験講座 費用の一覧

アガルート 予備 試験講座 費用
アガルート 予備 試験講座は、試験合格に必要な知識を網羅的に学べる総合的なカリキュラムから、個別対策までさまざま。

自身の学習レベルに合わせて、受講する講座を選ぶことができます。

アガルート 予備 試験 費用の一覧は以下の通り。

アガルート 予備 試験 費用の一覧:初学者向け

初学者向けカリキュラムは、法律知識がゼロの試験合格に必要な学力を身に着けることを目的とするカリキュラムです。

予備試験1年合格カリキュラム早期申込価格714,560円(税込)(2022年6月末まで)(定価:928.000円)
予備試験1年合格カリキュラム
(マネージメントオプション付)
【通信指導】早期申込価格1,384,460円(税込)(2022年6月末まで)(定価:1,798,000円)
【ラウンジ指導】早期申込価格1,865,710円(税込)(2022年6月末まで)(定価:2,423,000円)
論文基礎力養成カリキュラム早期申込価格398,860円(税込)円(定価:518,000円)
法科大学院入試専願カリキュラム【関東圏コース】早期申込価格:522,060円(税込)(定価:678,000円)
【関西圏コース】早期申込価格522,060円(税込)円(定価:678,000円)

※2022年06月現在の価格ですべて税込

中上級者向けカリキュラム

中上級者向けカリキュラムは、すでにある程度の法律知識を身に着けている人におすすめのプランです。

必要最小限の講座数で,試験合格に必要な知識・重要問題の解き方を習得できるように設計されています。

司法試験インプットカリキュラム280,170円(税込)
司法試験アウトプットカリキュラム483,120円(税込)
予備試験インプットカリキュラム368,280円(税込)
予備試験アウトプットカリキュラム477,180円(税込)

※2022年6月現在の10%割引中価格

総合対策

総合対策は司法試験合格に向けた入門・基礎講座。効率よく法律基本7科目の学習を進めることができます。

総合講義300/全7科目通常版:291,060円USBメモリ付:370,260円
総合講義300/科目別41,085円~61,578円
総合講義100/全7科目通常版:140,580円(税込)USBメモリ付:180,180円(税込)
総合講義100/科目別24,200円~36,300円
論証集の「使い方」論証集付属なし:22,550円
論証集付属あり:35,750円
※論証集は総合講義300/100にも付属している

※2022年6月現在の価格ですべて税込

※カリキュラムと総合対策の違い

アガルートのカリキュラムは端的に言ってしまえば、複数講座が含まれたセット。

司法試験に合格するための知識をインプット・アウトプットできます。

他方総合対策は基本・入門講座。司法試験合格のための知識をインプットできます。

短答対策

司法試験や予備試験で行われる短答式試験の合格に必要な知識習得に特化した講座群です。

短答知識完成講座Ⅰ
(憲法・民法・刑法3科目セット)
53,460円(税込)
短答知識完成講座Ⅰ
(科目別)
憲法:14,850円(税込)
民法:29,700円(税込)
刑法:14,850円(税込)
短答知識完成講座Ⅱ
(行政法,商法,民事訴訟法,刑事訴訟法)
全年度分:69,102円(税込)
単年度分:8,415円(税込)

※2022年6月現在の価格

※短答知識完成講座Ⅱの全年度分は司法試験・予備試験の短答式全過去問を体系別に整理したもの。

単年度分は最新の予備試験短答式試験過去問のみ収録。

論文対策・答練

論文式試験の合格に必要な答案作成の方法論や技術を身につけるための講座群です。

論文答案の「書き方」77,220円(税込)
重要問題習得講座|全7科目通常版:106,920円(税込)
USBメモリ付:146,520円(税込)
重要問題習得講座|科目別15,400円~23,100円
旧司法試験・予備試験型答練82,500円
司法試験型答練38,500円
旧司法試験 論文過去問セレクト答練38,280円
予備試験 論文過去問セレクト答練38,280円

※2022年6月現在の価格ですべて税込

過去問対策

本試験の過去問を解き,出題傾向を掴みつつ、解説を聞くことで知識を確認し、合格に必要な力を身につける講座群です。

旧司法試験
論文過去問解析講座
全6科目|118,800円
科目別|27,500円~33,000円
予備試験
論文過去問解析講座
全年度分:118,800円
単年度分:13,750円
司法試験
論文過去問解析講座
全年度分:200,200円
単年度分:16,500円
短答過去問解析講座
憲法・民法・刑法
全科目:109,560円
単年度分:9,350円

※2022年6月現在の価格ですべて税込

法律実務基礎科目・一般教養科目対策

予備試験で出題される法律実務基礎科目と一般教養科目の知識・対策を効率よく身につけられる講座群です。

法律実務基礎科目対策講座:35,200円
答練講座:35,200円
対策・答練セット講座:66,000円
一般教養科目対策講座21,780円

特別対策

特別対策は判例百選や基本書の解析,選択科目、弱点補強・分野別対策など、特定の分野・内容を重点的に取り扱う講座群です。

重点攻略・分野別対策講座11,880円~32,780円
司法試験過去問
答練ゼミ通信クラス
添削なし:54,780円
添削あり:164,780円
重要判例解説解析講座各年度:7,150円
判例百選スピード攻略講座全科目:131,780円科目別:16,280円~32,780円
その他基本書・参考書
解析講座
16,280円~40,480円
選択科目対策
(労働法・倒産法・知的財産法・国際私法)
総合講義:各科目43,780円
過去問解析講座:各科目52,800円
論証集の「使い方」:各科目10,780円
3講座パック:各科目96,360円
法科大学院入試過去問
解析講座
各大学:32,780円
再現答案分析講座16,280円

アガルート司法試験講座と他社サービスとの比較

アガルート司法試験講座と司法試験予備校3社の予備試験経由合格プランの価格やサービスの特徴を以下でまとめました。

社名アガルート伊藤塾STUdYing LEC
 

652,960円~1,114,900円~142,780円~1,102,870円~

司法試験合格者の3人に1人が利用
経験・研究に裏付けされた
カリキュラムが魅力。
司法試験予備校最大手
充実したカリキュラムと
丁寧なサポートが魅力。
運営コストを極限まで削減
することで驚きの低価格を実現
オンラインだからスキマ時間に
勉強がしやすい。
老舗の司法試験予備校。
40年以上の指導経験を活かした
安定のサポートが強み。


https://www.agaroot.jp/https://www.itojuku.co.jp/https://studying.jp/shihou/司法試験・予備試験サイトはこちら

アガルート 予備 試験 費用や講座を実際に利用した人の口コミ・評判


司法試験予備校のような高い金額の買い物となると、利用者の口コミや評判の確認は欠かせませんよね。

ここでは、アガルート 予備 試験 費用や講座の良い口コミ、悪い口コミをまとめました。

悪い口コミから

良い口コミは?

\今だけ30%割引中/

今すぐ無料で相談する



アガルート 予備 試験 費用っていくら?まとめ

アガルートでの受講はすべてオンラインのため、自分のペースで受講を進めることができます。

1年間での合格を目指すために合格に必要な内容のみを効率的に学べるようなテキスト・講座内容となっています。

また、他の予備校と比べて教材は少な目ですが、効率的な学習という点と費用面においては非常に効果的です。

受講内容や、受講カリキュラムに悩んだ場合は、無料受講相談で講座の内容を詳しく聞くことができますので、興味のある方は一度、無料受講相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

\今なら30%OFF/

今すぐ無料で相談する