賃貸不動産経営管理士って国家資格!?難易度が上がってるってホント?

「賃貸不動産経営管理士って国家資格になるの?」「賃貸不動産経営管理士ってどうやって取得するの?」
「賃貸不動産経営管理士試験って難しい?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

本記事の内容をざっくりとご紹介
  • 賃貸不動産経営管理士ってどんな資格?
  • 近年は難化傾向にある試験
  • 宅建資格と非常に相性が良い
  • 賃貸不動産経営管理士のメリット



賃貸不動産経営管理士ってどんな資格?

賃貸不動産経営管理士
賃貸不動産経営管理士資格は、「賃貸住宅管理業者登録制度」の中で、2016年度(平成28年度)に国土交通省の告示により公式に位置づけられたことで「公的資格」として認められるようになりました。

これにより、賃貸不動産経営管理士の資格は急速に人気が高まり、さらに、国家資格化に向けて動き始めたこともあり、ここ数年、右肩上りで受験者数が増加してきています。

そして、2021年度からは、ついに賃貸不動産経営管理士は国家資格になりました。

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(以下、法律)(令和2年法律第60号)において、賃貸住宅管理業務を行ううえで設置が義務付けられている「業務管理者」の要件とされた法体系に基づく国家資格であり、適正な業務を行ううえで、幅広い専門知識と経験を兼ね備えています。