日商簿記2級で本支店会計の問題は出ない?本支店会計の解き方を徹底解説!

簿記2級の範囲である本支店会計。

 

勉強中に難しいと感じ、つまずいてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

出ないと思って、対策しない人も多いそうです。

 

本当に出ないのか気になっていまいますよね。

 

この記事を読むと、本支店会計について勉強したくなりますよ!

 

本支店会計をマスターして、日商簿記2級試験の合格に一歩近づきましょう!

 

日商簿記2級独学で無料で効率よく学ぶにはこちら!

 

そのまえにそもそも日商簿記とは?って思ってる方は以下に簡単解説があるのでどうぞ!

日商簿記とはどんな資格かを簡単に解説!何級から受ける?メリットはある?

 

日商簿記2級 独学でお金をかけずにマスターする方法


日商簿記2級で本支店会計の問題は出ない?

日商簿記2級で本支店会計の問題
簿記2級で本支店会計の問題は出ます!

 

決して頻度は高くありませんが、
出題は毎年されています!

 

処理が難しいので、
苦手と感じる人が多いのは事実です。

 

「出ないから、対策していない」
という人も多いようですが、もったいないです!

 

本支店会計の問題は、第1問と第3問で出ます。

 

本支店会計が出ないと思い、
勉強をしなかったら、当日出題されて
焦らないように対策しておきましょう!

国家 資格 何 個も対応してる合格率高い通信講座

日商簿記2級で出題される本支店会計とは?

日商簿記2級本支店会計とは?
簿記2級で出題される本支店会計とは、
支店を持っている企業で使われる
会計制度のことです。

 

企業が成長していくと、事業を拡大していき、
全国に支店を作るようになりますよね。

 

本店と支店の会計はそれぞれ
お金の流れが違いますよね。

本支店会計2つの制度とは?
  • 「支店独立会計制度」…各支店が独立した会計を行うこと
  • 「本店集中会計制度」…支店には帳簿を置かずに、本店がすべての会計を行うこと

本店だけがすべての会計を行うか、
支店もそれぞれ会計を行うかの
違いがあります!

 

簿記2級では、
「支店独立会計制度」
の問題が出ます!

 

本支店会計とは、支店を持っている
企業の会計制度のことをいいます。

 

日商簿記を効率よく復習する方法は、
こちら

 

日商簿記2級で出題される本支店会計仕訳問題の解き方は?

日商簿記2級 本支店会計 解き方
簿記2級で出題される
本支店会計仕訳問題の解き方に
ついて解説していきます!

本店と支店の取引をする場合は?

まず、基本的な本支店会計の
仕訳についての仕組みを
理解することから始めましょう!

 

基本的な本支店会計とは、
支店が支払う予定のお金を
本店が払った場合や、

 

本店が受け取る予定だった
お金を支店がもらった場合
のことをいいます。

 

お客さんから見たら、
本店にお金を払っても、
支店にお金を払っても、

 

同じ企業に支払いを
していることになるので、
変わらないですよね。

 

例題を見てみましょう!

 

例題:支店の売掛金¥70,000を、
本店が現金で回収した場合の仕訳は?

 

答え:
本店 現金 70,000|支店 70,000
支店 本店70,000|売掛金70,000

 

本店は、支店のお金を現金で回収し、
支店は、売掛金を本店に代わりに
受け取ってもらったという考え方になるのです。

 

本店では右(貸方)に「支店」、
支店では左(借方)に「本店」がありますよね。

 

勘定科目の「本店」「支店」は
反対側に必ずきます!

 

本店の仕訳には「支店」しか使いません!

 

支店の仕訳には「本店」しか使いません!

 

自分以外の勘定科目を使うことを
頭に入れておいてください!

支店が複数ある場合は?

支店がいくつかある場合は、
2つの制度があります!

2つの制度とは?
  • 「本店集中計算制度」…各支店同士が、取引を、本店を通して行うこと
  • 「支店分散計算制度」…各支店同士の取引を、本社を通さずに行うこと

どちらの制度を採用しているかを
しっかりと確認することが大切です。

 

例題を見てみましょう!

 

例題:福岡支店の広告宣伝費60,000を
現金で名古屋支店が払った場合の仕訳は?

本店集中計算制度のパターン

答え:
本店 福岡支店 60,000|名古屋支店 60,000

福岡支店 広告宣伝費 60,000|本店 60,000

名古屋支店 本店 60,000|現金 60,000

 

本店集中制度では、本店を経由するので
本店の仕訳が必要になってきます。

 

本店は、支店同士の取引が
あったことを記入しておきます。

 

福岡支店は、本店から広告宣伝費を
払ってもらい、名古屋支店は、
本店に現金を払ったという考え方になります。

 

支店分散計算制度のパターン

答え:
福岡支店 広告宣伝費 60,000|名古屋支店 60,000

名古屋支店 福岡支店 60,000|現金 60,000

支店分散計算制度では、
本店は通さないので、
支店のみの仕訳になります。

 

福岡支店は、名古屋支店から広告宣伝費を
払ってもらい、名古屋支店は、
福岡支店に現金を払ったという考え方になります。

問題文を注意して読むようにしましょう!

本支店会計の仕訳問題を解くときは、
問題文をしっかりと読まなければなりません!

 

問題文を見るときに注意しないと
いけないポイントは2つです!

 

まず、本店集中計算制度と
支店分散計算制度を問題文から
見つけましょう。

 

どちらを採用しているかは
必ず書いてあります。

 

逆の制度で解いてしまうと、
答えがまったく違うものに
なるので注意しましょう!

 

次に、どこの仕訳を答えに
書くのかを読み解きます。

 

ここまでの例題では、本店と各支店
それぞれの仕訳をすべて答えてきましたが、
実際は、どちらかを答えるように出題されます。

 

実際の問題文では、

  • 「A支店の○○費を、B支店が立て替えの連絡を受けた」
  • 「本店は、A支店の○○費を、B支店が立て替えの連絡を受けた」

といった書き方をされます。

 

この場合、答えは連絡を受けた
前者はA支店、後者はA支店の仕訳を
書くのが正解
です!

 

主語に注目すると
分かりやすいかもしれないですね。



日商簿記2級で本支店会計の問題は出ない?…:まとめ

日商簿記2級で本支店会計の問題は出ない?
簿記2級で出題される本支店会計について、
解説してきました!

 

難しいですし、出題されないと
思っている人も多いようですね。

 

しかし、本支店会計の問題は、
必ずどこかで出題されます!

 

本支店会計の仕訳問題について
解き方を解説しましたが、
いかがでしたか?

 

仕組みを理解できれば、
問題を解くことができますが、
そこまでが大変ですよね。

 

1度つまずいてしまうと、
モチベーションが続かなくなり、
挫折してしまうなんてことも
あるのではないでしょうか。

 

そういった挫折を防ぐために、
通信講座を受けることもおすすめです!

 

スタディングでは、動画で講義を
何度も見ることができ、
アプリで復習することもできます。

 

テキストを何度読んでも
分からないことが、動画だと
理解しやすくなると思います。

 

理解できるまで、何度も
復習問題を解くことも可能です。

 

簿記2級合格コースは、
19,800円と低価格で受講することが
できる点もおすすめポイントです!

 

とはいっても、どんな動画なのか、
本当に理解できるようになるのか、
不安になりますよね。

 

スタディングの講座が気になる方は、
まず、無料講座から試してみましょう!

 

また、通信講座はちょっと…
って方は以下の独学勉強法も
おすすめです。

日商簿記2級試験最新独学学習アイテム4セット

日商簿記2級試験最新独学学習アイテム4セット

結果を出したいのであれば、
まずはこれだけを揃えればいいんです。

ぶっちゃけこの学習法はインプットとアウトプットの
いいとこ取りって感じです。

独学での資格の勉強の必勝パターンって
いっても過言ではありません。

前項で紹介した紙テキストで勉強する場合って
デメリット多くないですか?

私は毎日通勤時間が長いので紙テキストだと重くて…、
いかに「スキマ時間」を有効活用するか考えました!

私と同じように通勤時間が長い人に
おすすめの学習アイテムは以下の2つです!

上記4点をおすすめする理由が、やっぱり
「スキマ時間」がたくさん使える点です!

  • 通勤時間座れたらスマホで学習
  • たって通勤ならスマホ×Audibleで耳からインプット学習
  • 自宅で風呂に浸かりながらリラックスしてスマホ×Kindle Unlimitedでアウトプット中心の学習

この上記の2点セットの最大のメリットは、

「どんな資格取得の独学に使える」

って事です!

最初に上記2点を手に入れてれば、
独学で勉強するのにこんなに
効率がいい勉強法ってあるでしょうか?

通勤に2時間かかっていたら、
往復で4時間かかります!

紙テキスト手に持って
4時間学習って疲れませんか?

また、通勤でストレスを感じてるのに、
手に持って学習って疲れませんか?

 

そんな状態だと家に帰っても
「バタンキュー!」って寝ちゃって
資格勉強なんてできませんよね…

私は、この方法で
色んな資格の勉強対策をしています!

さっそくおうちに帰って
リラックスしながら勉強法を実践してみましょう。