食品衛生責任者とは?食品衛生責任者講習会の申し込み方法とは?

食品衛生責任者の資格概要、またこの資格の収入と将来性、おすすめテキスト、参考書や問題集などを解説していきます。

食品衛生責任者の資格は、他の資格に比べてとても取得しやすく、食品衛生責任者養成講習(1日)を受講して、テストに合格するだけです。

講習前の事前勉強も特に必要なく、きちんと講習を受講すればほとんど落ちる可能性はありません。

本記事でわかる事
  • 都道府県別食品衛生責任者講習申し込み
  • 食品衛生責任者とは?
  • 食品衛生責任者の役割は?
  • 食品衛生責任者の収入と将来性
  • 食品衛生責任者おすすめ参考書
  • 食品衛生責任者資格概要

上記の内容について解説していきます。



国家 資格 何 個も対応してる合格率高い通信講座

都道府県別食品衛生責任者講習申し込み


各都道府県ごとに食品衛生責任者講習の申し込みは下記よりどうぞ!

各都道府県別
食品衛生責任者 養成 講習会
北海道北海道食品衛生協会
青森県青森県食品衛生協会
岩手県岩手県食品衛生協会
宮城県宮城県食品衛生協会
秋田県秋田県食品衛生協会
山形県山形県食品衛生協会
福島県福島県食品衛生協会
茨城県茨城県食品衛生協会
栃木県栃木県食品衛生協会
群馬県群馬県食品衛生協会
埼玉県埼玉県食品衛生協会
千葉県千葉県食品衛生協会
東京都東京都食品衛生協会
神奈川県神奈川県食品衛生協会
新潟県新潟県食品衛生協会
富山県富山県食品衛生協会
石川県石川県食品衛生協会
福井県福井県食品衛生協会
山梨県山梨県食品衛生協会
長野県長野県食品衛生協会
岐阜県岐阜県食品衛生協会
静岡県静岡県食品衛生協会
愛知県愛知県食品衛生協会
三重県三重県食品衛生協会
滋賀県滋賀県食品衛生協会
京都府京都府食品衛生協会
大阪府大阪府食品衛生協会
兵庫県兵庫県食品衛生協会
奈良県奈良県食品衛生協会
和歌山県和歌山県食品衛生協会
鳥取県鳥取県食品衛生協会
島根県島根県食品衛生協会
岡山県岡山県食品衛生協会
広島県広島県食品衛生協会
山口県山口県食品衛生協会
徳島県徳島県食品衛生協会
香川県香川県食品衛生協会
愛媛県愛媛県食品衛生協会
高知県高知県食品衛生協会
福岡県福岡県食品衛生協会
佐賀県佐賀県食品衛生協会
長崎県長崎県食品衛生協会
熊本県熊本県食品衛生協会
大分県大分県食品衛生協会
宮崎県宮崎県食品衛生協会
鹿児島県鹿児島県食品衛生協会
沖縄県沖縄県食品衛生協会

食品衛生責任者とは?


食品衛生責任者とは、飲食店舗を営業する場合に必要となる国家資格です。

食品衛生管理者』や『食品衛生監視員』など似たような名称の資格も存在しますが、それらの資格と食品衛生責任者では内容が異なります。

将来開業を考えている人はもちろん、そうでない人にとっても何かと関わる機会の多い『食品衛生責任者』。

そんな食品衛生責任者の役割や講習会の内容、資格の取得方法などの基本情報をご紹介します。

食品衛生責任者は食品の製造・販売を行う場合に必要な資格です。

自治体によって規定は多少異なりますが、どんな小さな個人店や大規模チェーンでも、飲食の営業を行う際は最低でも1店舗に一人は食品衛生責任者の配置が義務付けられていますので、飲食店オーナーや店長職に就いている人であれば是非とも持っておきたい資格です。

関連資格:食品衛生管理者とは?食品衛生監視員とは?

食品衛生責任者の役割は?


食品衛生責任者の主な役割としては、

  • 設備の衛生確認をしたり不衛生箇所があればその改善
  • スタッフの健康管理し、体調不良者は働かせない
  • 手洗いや清掃のチェック表など衛生管理表の作成
  • 保管場所や加熱方法のチェックなど食材の管理

が挙げられますが、一言で言うと店舗で扱う食品衛生管理の責任者です。

「飲食店で衛生管理するのは当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、ここがきちんと機能していないと、しばしば食中毒で飲食店が営業停止というニュースを目にすることがありますが、あなたの勤める店舗でもそういったことになりかねません。

そうならないためにも、正しい知識を持った有資格者による衛生管理の履行・チェックが必要になってくるのです。

食品衛生責任者の収入と将来性


個人の方でも飲食店を開業できます。

また、チェーン店の新規店舗立ち上げに関して率先して店長候補として採用されやすくなります。

店舗に一人の社員(店長)ではなく、複数の社員がいる飲食店の場合、通常の社員よりも責任者になる方が手当や給与面でも優遇されます。

外食産業は開業率と閉店率が軒並み高く、新規飲食店というのは消費者からの需要も高いため、この資格を持つことでこれからのニーズも期待はできます。


食品衛生責任者おすすめ参考書

カンタンに取れる!食品衛生責任者資格

はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)




食品衛生責任者資格概要

食品衛生責任者資格概要をまとめました。
※ホームページ・受験問い合わせは前項にまとめてますので省略させていただきます。

受講資格

各都道府県によって異なる。
詳しくは実施団体まで、お問い合わせ下さい。

※講習会の受講免除
次の資格を持っている方は、講習会を受けなくても食品衛生責任者になることができます。

  • 栄養士
  • 調理師
  • 製菓衛生師
  • と畜場法に規定する衛生管理責任者
  • と畜場法に規定する作業衛生責任者
  • 食鳥処理衛生管理者
  • 船舶料理士
  • 食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

願書申込み受付期間

各地域により異なります。実施団体まで、お問い合わせ下さい。
先着順で、定員になり次第締め切られます。

受講日程

各地域により異なります。
実施団体まで、お問い合わせ下さい。

受講地

全国各地

受講料(税込み)

各都道府県により異なります。
詳しくは各都道府県衛生部、指定機関などにお問い合わせ下さい。
おおよそ、6,000円~12,000円(教材費込み)

受講内容

① 食品衛生学(2時間30分)

  • 主要な食中毒、健康被害及び食品事故並びにその原因(微生物、自然毒、化学物質・汚染物質、異物等)
  • 食中毒等の発生を防止するための基本的な対応

② 公衆衛生学(30分)

  • 環境衛生
  • 労働衛生 等

③ 食品衛生法(3時間)

  • 食品衛生法の全体像
  • 自主的な衛生管理に関すること
  • 自主回収報告制度に関すること
  • 営業規制に関すること(許可、届出、施設基準)
  • その他食品衛生関連法規に関すること 等

④ 修了考査

修了証は、開業や食品衛生責任者の変更の手続き等の際に、行政機関ヘ提示する。


まとめ

食品衛生責任者の資格について詳しくご紹介しました。

この資格は飲食業従事者(特に店長)や、これからお店を開業する人にとってはもちろん必須の資格ですが、食品衛生の基本的な内容が学べるので、食品メーカーや販売店など、食に関わる仕事をしている人であれば、資格を持っておいて損はないと思います。

簡単に取得できるのも魅力なので、知識を身に付ける意味でも一度講習を受けてみてはいかがでしょうか。

関連資格